不妊と関連するかもしれない、まったく新しい構造の精子が発見される(米研究)

    全体:0月:0週:0日:0

0_e11

 昨今、精子は困難な時代に直面している。1回の射精に含まれる精子の数は年を追うごとに減少し続けている。

 2017年の研究によると、欧米人男性の場合、約40年の間(1973年~2011年)に、精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少したという。

 また、日常的な家庭用製品の化学物質が精子を劣化させているという報告もあった。精子の数の減少や劣化は男性不妊の原因の1つと考えられている。

 科学者はいつの日かそれの代用となるかもしれない人工精子を開発しているそうだが、今回、更にそれに追い打ちをかけるような研究結果が報告された。
  
 不妊や流産、出生異常など、あらゆることに部分的に関連するまったく新しい精子の構造が発見されたのだそうだ。
  続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52260996.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 創業世界最大級の家具量販店「IKEA」カタログの歴史(1951年- 2000年)
  2. 創業世界最大級の家具量販店「IKEA」カタログの歴史(1951年- 2000年)
  3. 重い荷物を背負い斜面を歩く兵士の負担を軽減。米陸軍が最新型の下肢専用外骨格スーツの装着テストを開始
  4. 暗い事件が続くけど、それでもまだアメリカには希望がある。アメリカ国内で起きたちょっと10のいい話
  5. 彼が心を開くまで。盲目の猫に毎日本を読み聞かせた19歳の少年。そしてついに心が通じ合う仲に(アメリカ)
  6. 火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し肉眼で見えるレベルに。
  7. 火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し裸眼で見えるレベルに。
  8. ハッピーエンドかもしれないがほんのり切ない。女性と犬が偶然出会うことから始まるホロリ系CM(ギリシャ)
  9. 岩塩坑で発見された古代イランの塩漬けミイラ「ソルトマン」(※ミイラ出演中)
  10. この動いてる感じがたまらんにゃ。オートスロープを愛でる猫
  11. 地球上異世界探訪。火星の環境に似ている6つの魅惑の場所
  12. 人類の絶頂期と最悪期を表現した究極のメメント・モリ。クリス・ククシ氏が手掛けた異型神話世界
  13. なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのか?
  14. バッハ、コペルニクスから青銅器時代の少女まで。肖像画や遺骨から復元された10人の顔
  15. 天井に開いた穴から猫がヌルッ!その姿がシュールすぎた。
  16. 瞑想やヨガをするとエゴが強まるという研究結果(ドイツ研究)
  17. 握手とか求められすぎ。ダイバーが甲殻類の神となっている件
  18. アメリカ全土に点在する巨大な矢印。この正体はいったい?
  19. Stray Rescue~明日迎えに来るからね!母犬と子犬たちのレスキュー大作戦
  20. 教会から呪いをかけられた、スペインの神秘的な魔女の村「トラスモス」
  21. メタボ有利。めっちゃリアルな腹芸ができる3Dモンキープリントのタンクトップ
  22. なぜディズニーランドには蚊がほとんどいないのか?(フロリダ州ディズニーワールド)
  23. なんて日だ!人生最悪の瞬間を記録した15枚の画像
  24. もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
  25. 人間から逃れるため哺乳類の夜行性化が進んでいる(米研究)
  26. デカッ!アラスカン・マラミュートの顔が女性の約4倍はある件
  27. スウェーデンで目撃された池の水を吸い上げているように見えるUFO
  28. まさか本気でやっちまうとは!フィーダーにやってきたハチドリを襲うカマキリ
  29. うちらの知っているヤツじゃない!エクソシストが明かす悪魔の姿とは?
  30. 絶叫と絶望が交差する、アメリカの遊園地シックス・フラッグスが3つの回転軸を持つ「サイボーグ・サイバースピン」を新設
アクセスランキング