不妊と関連するかもしれない、まったく新しい構造の精子が発見される(米研究)

    全体:0月:0週:0日:0

0_e11

 昨今、精子は困難な時代に直面している。1回の射精に含まれる精子の数は年を追うごとに減少し続けている。

 2017年の研究によると、欧米人男性の場合、約40年の間(1973年~2011年)に、精子濃度が52.4%、総精子数が59.3%減少したという。

 また、日常的な家庭用製品の化学物質が精子を劣化させているという報告もあった。精子の数の減少や劣化は男性不妊の原因の1つと考えられている。

 科学者はいつの日かそれの代用となるかもしれない人工精子を開発しているそうだが、今回、更にそれに追い打ちをかけるような研究結果が報告された。
  
 不妊や流産、出生異常など、あらゆることに部分的に関連するまったく新しい精子の構造が発見されたのだそうだ。
  続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52260996.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. マッサージの強制続行。猫が労働させられている現場を見た海外の反応
  2. 米ソ冷戦時代、アメリカ空軍はロケットで地球の自転を止めようとする計画を提案していた
  3. チョコミン党大歓喜。生八ツ橋にチョコミント味が登場!
  4. マングローブの木から着想を得た水質汚染を軽減する海洋保全タイル。自動車メーカーのボルボが開発。
  5. ジャマイカでは高額宝くじに当選すると写真撮影の時マスクをかぶる件(治安的な意味で)
  6. ダイナミック池遊び!犬は飛び込みを覚えた。高いところからドポッ!キャノンボールかな?
  7. 夜型人間の人生がハードモードな理由(オーストラリア研究)
  8. 猫ちゃん逃げて~!と思ったらくつろいでた。超絶高所で下界を見下ろす猫(高所恐怖症注意)
  9. UFOなの?懐胎なの?陰謀論者がざわめく聖母マリアの絵
  10. 「これが僕の生活のすべてさ」毎日4,000羽のインコにエサをやるインドのバードマン
  11. 巨大タコ?クジラ?浜辺に打ち上げられた謎の巨大肉塊「グロブスター」の正体をめぐる研究者たちの物語(アメリカ・1896年)
  12. 巨大タコ?クジラ?浜辺に打ち上げられた謎の巨大肉塊「グロブスター」の正体をめぐる研究者たちの物語(アメリカ・1896年)
  13. スポーツカーとバイクが融合した近未来感。3輪の電動自動車「Model SONDORS」が今年販売予定(アメリカ)
  14. 自然が魔法を使ってきたぞ?リンゴの木の枝になっていたのは、氷でできたリンゴそっくりの実!!(アメリカ)
  15. 家計を助ける為、雪道をひたすら歩き続ける少年に訪れた奇跡の出会い(アメリカ)
  16. だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)
  17. 巨大ザメ「メガロドン」の絶滅は考えられていたより早かった可能性。ホホジロザメとの争いに負けた?(米研究)
  18. 猫の脱出大作戦!ダンボールで作った巨大迷路をクリアすることができるのか?
  19. 日本の寿司屋が舞台となった、かわいくってあたたかい、編みぐるみのショートフィルム「Lost&Found」
  20. 濡れた子猫がかわいすぎて。子猫、グレムリン疑惑に関する海外の反応
  21. 【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
  22. 踏んじゃッていいんですか!?カーネルサンダースおじさんの頭部がついた敷物が登場していた件
  23. これぞまさしく「インスタ映え」完璧な写真の裏側にある編集効果がわかる比較写真
  24. 材料3つで簡単にできる。オーブントースターでできる。お手軽でおいしいバタークッキーの作り方【ネトメシ】
  25. 飼い主がいないと寂しくて・・・不安分離症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
  26. 飼い主がいないと寂しくて・・・分離不安症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
  27. 汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)
  28. 柴犬の機動力すごい!ピョンピョンと塀を飛び越えていくから塀の意味がまったくないっていう...。
  29. クローゼットの中に幽霊!?と思ったらリアルな人だった件。しかもクローゼットの中の服着てたし(アメリカ)
  30. もっと、もっとかけていいのに。砂風呂ならぬ雪風呂にご満悦のマラミュート
アクセスランキング