ロシアの調査船がセイウチに襲われて沈没。なぜ敵認定されたのか?

    全体:6月:0週:0日:0

w1
image credit:Pixabay

 日本海では水産庁の船と衝突した北朝鮮の漁船が沈没したというニュースが報じられているが、北極圏バレンツ海では先日、ロシアの船がセイウチに襲われて沈没するという事件が発生した。

 事件はロシア地理学協会によるロシア領フランツ・ヨシフ諸島の調査の最中に起きた。

 調査隊がロシア北方艦隊所属のアルタイ号から上陸用ボートに乗り込み、ビリチェク島に上陸しようとしたところ、メスのセイウチから襲撃を受けたのだ。

 ロシア地理学協会のニュースリリースによると「おそらくセイウチは子供に危害がくわえられることを恐れた」のだそうだ。

 これによって上陸用ボートは沈没してしまったが、そこに乗っていた隊員たちはリーダーの迅速な行動によって全員が無事岸にたどり着けたという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52283292.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 外出制限中で買い物に行けないおばあさんのために、おつかいをしてくれる隣の家の犬(アメリカ)
  2. 6月の満月「ストロベリームーン」が半影月食とともにやってくる!(6月6日)大きな節目の時期に差し掛かる
  3. 猫だって飼い主を慰めたい。悲しんでいる飼い主の気配を察知しそばに寄り励ます猫
  4. コロナ対策。イギリスで、同居しているパートナー以外と性交渉すると違法に?英国内で物議をかもす
  5. フェネックのかわいさ極まれり。飼い主さんの帰宅に大はしゃぎのフェネック
  6. 地球6度目の大量絶滅の危機は現在進行中どころか加速している(国際研究)
  7. 15世紀のイタリアの植物手稿「ハーバリウム」の挿絵がヴォイニッチ手稿っぽくて癖になる
  8. 突如亀が飛んでいて走行中の車に衝突、フロントガラスに突き刺さるハプニングが発生(アメリカ)
  9. 休園中の遊園地ではテディベア軍団がジェットコースターに乗って楽しんでいた件(オランダ)
  10. フランスで初めてコロナに感染した猫が無事回復
  11. エビの性別操作技術で養殖を完全に持続可能なものに(イスラエル)
  12. すごい絵面だけどヒゲメンの夢叶う。ハチドリに囲まれたくてメガネにプチ餌台を装着、作戦成功!(アメリカ)
  13. 葉っぱには間違いないけども...大麻と思って4年間吸い続けていたものがパセリだった件(スペイン)
  14. 葉っぱには間違いないけども...大麻と思って4年間吸い続けていたものがパセリだった件(スペイン)※追記あり
  15. この子に「お手!」教えちゃっていいの?赤ちゃんの初めての「お手!」に戸惑うマラミュート
  16. 地球の磁場が弱まる怪現象。2つに分裂する可能性も(ESA)
  17. 3分で足りようはずもない。謎肉も麺も3Dスキャンで完全再現した緻密な「カップヌードルプラモデル」が販売予約受付中
  18. 墓地に響き渡る米空軍兵の澄んだラッパの音色「戦没者追悼記念日」トリビュート演奏(アメリカ)
  19. ヨーロッパ最大のフクロウ、アパート3階に巣を作る。3羽のヒナが窓越しからテレビ鑑賞(ベルギー)
  20. ゴッドファーザーの愛したシチリア伝統のお菓子「カンノーリ」の作り方【ネトメシ】
  21. 犬は確かに、飼い主を助けたいという気持ちを持っている(米研究)
  22. 猫の複雑な愛情表現。「そいつにかまうな私をかまえ」のジェスチャー編
  23. インスタグラムでゴージャスな暮らしぶりを投稿していた男性が強盗にあう(イギリス)
  24. 熊「夜中に失礼しますよ!」車のドアを開けて勝手に入り込んだクマー
  25. 地球内生命の基本分子は左右どちらかに偏っている。その理由は宇宙に由来がある可能性(米研究)
  26. アフター・コロナに必要なものは笑い。大声でさえずる巨大なワライカワセミが登場(オーストラリア)
  27. 終末的光景。回転草が竜巻となり車を飲み込んでいく「タンブルウィード・トルネード」が発生(アメリカ)
  28. あの時と同じ構図でハイ、チーズ!なつかしい写真を再現する面白企画
  29. 雷を怖がる犬をなぐさめる猫の友情物語(アメリカ)
  30. ブドウ畑の下から古代ローマ時代の見事なモザイク床が出現!(イタリア)
アクセスランキング