ヨーロッパに点在するサナトリウム廃墟

    全体:3月:3週:1日:0

03_e1

 ヨーロッパの山々には点在するサナトリウムがある。これらは当時結核を患った人々が長期療養するための場所として使用されていたものだ。

 18世紀末から19世紀にかけてヨーロッパで大流行した感染症である結核は、当時有効な治療法が確立されておらず、死の病気と恐れられていた。

 そのため患者は人里離れた山奥に隔離されるのが一般的だった。

 これらの写真は放棄されたまま現在に残る、ヨーロッパのサナトリウム廃墟を撮影したものだ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52268831.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. かわいいが大渋滞。犬と猫の日常がたっぷり楽しめる、YOUTUBEの犬猫動画総集編
  2. ハプスブルグ家の呪い。17世紀の王家に見られる独特な顎は近親交配の影響が大きいと科学者が確認(スペイン研究)
  3. ハプスブルグ家の呪い。17世紀の王家に見られる独特な顎は近親交配の影響が大きいと科学者(スペイン研究)
  4. 「もっとかまってもっと遊んで!」インコと猫の間に流れるキャッキャウフフな幸せ時間
  5. 2019年に登場した、最も革新的なガジェット11選
  6. IKEAが「宇宙家具」を開発中!火星での居住空間をデザイン
  7. 4方向でまったく違う!人間の頭部を回転させたすごい立体錯視
  8. 公共の乗り物で見かけた奇妙な人々
  9. 脚にしがみついて離れない!ある日森の中で出会った野生のリスと男性の物語(ロシア)
  10. 海外では意外なほど多くの医師がプラセボ(偽薬)を処方しているという現実
  11. 猫ロジック。マウスを握るとウエイトリストバンドと化す2匹の猫
  12. 農場に埋まっていた巨大なバイキングの船を発見、船葬に使用されていた可能性(ノルウェー)
  13. また会えてうれしいよう!ハスキーと羊のきゃっきゃうふふタイム
  14. 欧州宇宙機関が宇宙旅行の為のコールドスリープ(冷凍睡眠)の研究に本気を出している件
  15. またインスタで変なものが流行ってる。唇の形を波打たせる「オクトパスリップ」が美容トレンドに
  16. 実は少しずつ変化していた!スクロールバーのデザインの変化(1981年~2015年)
  17. バナナが壁にダクトテープで張り付けられた高額アート、来場者に食べられてしまうというアクシデント勃発(アメリカ)
  18. 猫の表情から気持ちを読み取れる“キャットウィスパラー”は約10人に1人存在する※簡易チェックテスト付き
  19. 水が濁っていると、混乱した交尾によって新種を創り出してしまう魚の存在が確認される
  20. 温度差がすごい。犬は押して猫はひきまくるの構図
  21. 人間の子供の頭蓋骨で作られたヘルメットをかぶった状態で埋葬されていた古代の幼児(エクアドル)
  22. オウム「キミにきめた!」男の子へのラブが伝わりまくりの仲良し動画を見た海外の反応
  23. 史上初のキメラ、サルの細胞を宿した2匹のブタが誕生。その1週間後に死亡
  24. どうみてもバスにしか見えない?でもこれコンクリートの塊なんだぜ。錯視的3Dグラフィティアート
  25. 情報量多すぎ!バランスボードに乗りながらバーベルを挙げつつ、パンチとキックをされる筋肉男性
  26. 荷物をありがとう!玄関先に配達員へ差し入れを置いた女性、苦労が報われた配達員の喜びの姿が!(アメリカ)
  27. 飼い主の体の些細な変化をいち早く察知した介助犬、その命を救う(オーストラリア)
  28. 植物はストレスを感じると超音波の悲鳴を上げている(イスラエル研究)
  29. イケメンがすぎる。王者の風格とイケメンオーラを身にまとったライオンの動画
  30. コールドスリープか?6時間の心肺停止後、奇跡的に生き返った女性(スペイン)
アクセスランキング