砂糖と同じ味なのにカロリーは約3分の1、細菌を利用して安全な天然の糖を作る試み(米研究)

    全体:3月:2週:0日:0

iStock-1137334204_e
Image by Fascinadora/iStock

 食卓に置かれている普通のお砂糖と同じ甘味がありながら、カロリーは38%しかない。それでいて人工甘味料などではなく、れっきとした天然の糖である。そんな夢のお砂糖が実は既に存在しているのだ。

 タガトースと呼ばれている単糖は、砂糖そのままの風味が味わえる単糖で、2001年に国連食糧農業機関と世界保健機関から安全宣言が出され、日本でもすでに食品添加物として認められている。

 ただ残念なことに生産コストが非常に高い。故に一般に出回っていないのが現状である。そんな現状を打破するべく、アメリカの研究者たちは、細菌を利用し、タガトースの効率的な生産を試みた。

 この試みは成功し、もしかしたら近い将来、砂糖の代用品としてタガトースをご家庭で使用できる日が来るかもしれない。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52285304.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. これが20年物のハンバーガーだ!今も缶に入れて保管されているマクドナルドのハンバーガー(アメリカ)
  2. 幸福度ランキング上位国の場合、バスの車内で運転手のワンマンショーが始まる(要音声)ノルウェー
  3. オーストラリアの森林火災で何が起きているのか?消火や動物救助活動に奔走する人々の様子とともに振り返る
  4. 白いシェパード犬から、黄緑色の子犬が産まれ、「ハルク」と名付けられる(アメリカ)
  5. 種の絶滅を救った推定100歳の絶倫亀、一代で800匹を超える子孫を残し引退へ(ガラパゴス諸島)
  6. 同じネコ科だもの。小さな猫にガラス越しからやさしく接する大きな虎(ロシア)
  7. 大きな声で国歌斉唱しない生徒には何回も歌わせる。タイの罰則が物議をかもす
  8. サバンナにGoProをしかけてみた結果「なんじゃこりゃ?」という野生動物たちの反応が撮影された
  9. 代替食品ラッシュ。魚から採取した細胞を培養した代替シーフードが誕生(アメリカ)
  10. 暖かい室内でビールを飲みながら氷上釣りが楽しめるイグルー風のバーが登場(アメリカ)
  11. 気になるりんごを1つ選んで、あなたの願いが叶うかどうかを占おう
  12. 体育館の屋根が吹き飛ぶ!猛烈な突風、マイクロバーストの恐ろしさ(アメリカ)
  13. 人間には猫の癒しが必要。ロンドンのセラピーキャット、複数の病院を巡回し患者たちを勇気づけている(イギリス)
  14. 人間で言うなら400歳。線虫の寿命を5倍延ばすことに成功(米・中共同研究)
  15. 馬やさしい。背中を掻いてあげると、鼻先で背中を掻き返してくれる(イギリス)
  16. 氷河の中から未知の古代ウイルスが発見される(チベット)
  17. インコのスケートボーダーに注目!華麗なドロップインを披露するマメルリハ
  18. カエルの細胞から生体ロボットの作成に成功。プログラムで忠実に動く(米研究)
  19. 語尾が一緒だから!?ハニワとチクワを合体させたカプセルトイ「ハニチクワ」が爆誕
  20. 釣り上げたノーザンパイクのお腹が動いていたのでさばいたところ、生きのいい魚が出てきた(アメリカ)
  21. ニューヨーク市内の至る所にコアラのぬいぐるみ。オーストラリアの森林火災の被災動物を支援する為に一工夫(アメリカ)
  22. ニューヨーク市内の至る所にコアラのぬいぐるみ。オーストラリアの森林火災を支援する為に一工夫(アメリカ)
  23. 愛嬌たっぷり。やさしく接すると笑顔を見せててくれるごきげんフェネック
  24. 人生で一番不幸と感じる年齢は平均47.2歳であることが判明。ミドルエイジ・クライシスは本当だった(米研究)
  25. 船上の、犬も、いい波乗ってんね!絶妙のバランス感覚で船内に立つ犬
  26. イラン軍にイルカ部隊が存在する可能性が浮上(イラン)
  27. 「行っちゃだめ」出勤しようとしたらハスキーがドア前でスト開始してた
  28. 完全犯罪か?未解決事件ファイル、密室で謎の死を遂げたイシドール・フィンクの謎
  29. 東京オリンピックに役立つかも?飲みながら試合を観戦することができる面白カップが登場
  30. 線路に黄色い道が!?その正体は貨物列車から零れ落ちたトウモロコシ(アメリカ)
アクセスランキング