バッハ、コペルニクスから青銅器時代の少女まで。肖像画や遺骨から復元された10人の顔

    全体:0月:0週:0日:0

6_e

 まだ写真のない時代、その時代に生きる人々が実際にどんな顔をしていたかを探るとき、わたしたちに残された選択肢は、遺骨、もしくは芸術家が描いた真贋不明の肖像画を参照するしかない。

 女王や中世の小作人がどんな顔をしていたか、かなり想像を働かせて描こうとした芸術家もいたが、その見方や創作力は彼らが生きていた時代に限定されてしまう。

 しかし、技術が進んだ現代では、科学を駆使して過去の人々が実際にどのような顔をしていたかをほぼ正確に表現できるようになった。

 ここでかつての時代を生きた10人の復元された顔を見ていこう。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52261464.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 養命酒とさしで話がしたい?なにかと養命酒をすすめがちな、スマートスピーカー「AI養命酒」が当たるキャンペーン実施中!
  2. 何にでもベーコン、何にでもチーズ?外国人が疑問に感じる、アメリカ人の食文化・食習慣に関する13のQ&A
  3. おそらくは世界最高身長のおまわりさん。その身長は228センチ!(インド)
  4. 玄関開けたら5秒ぐらいでピューマ!?帰宅直後、リビングのソファでくつろぐピューマに遭遇して大びっくり(アメリカ)
  5. 長時間ネットを使用して過ごす10代の若者はADHDの症状が出る可能性(米研究)
  6. 木材に埋め込まれた輝くガラス製の藻や草。自然素材とガラス細工を組み合わせたアート作品
  7. アマチュア天体観測家が火星に向かうUFOを発見したと主張
  8. うっかりソファで夢心地の犬氏、ドテッと落ちるも何が起きたか分からない模様
  9. 車が崖に転落。1週間行方不明となり、奇跡の生還をとげた女性のサバイバル物語(アメリカ)
  10. 二度見して錯乱...あれ?足を通すところ違くない?ジーンズの多様化が止まらない。今度は逆さまジーンズが登場
  11. こわいこわい、地盤怖い。井戸が地面にあっという間に飲み込まれ、陥没穴となってしまう(インド)
  12. あの巨大な黒い石棺の蓋がついに開けられる。中に眠っていたものとは?(※開放注意)
  13. 野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)
  14. 木星の衛星が新たに12個見つかる。その中の1つが変わり種だった。
  15. そこは盲点だったわ。「この中にいるペテン師を探せ!」
  16. 誰よりも先に火星に行きたい。火星有人着陸、最初の人類になるべくNASAで訓練を受ける17歳の少女(アメリカ)
  17. Hope For Paws~煙突の中から救出された子猫、高速道路で保護された子猫といっしょに新しい家族のもとへ
  18. 古代エジプトの秘密のミイラ工房が発見される。貴金属で飾られた仮面をつけたミイラも見つかる。
  19. 廃ベッドに拘束されて動けない...更なる恐怖があなたを襲う。新感覚のお化け屋敷「ネグルシ」が間もなくオープン!
  20. 胸板セクシーなマルコム博士。最強のインスタ映えスポットがロンドンに登場!映画「ジュラシック・パーク」25周年記念
  21. これはうまい!夏の元気をお魚パワーで。イワシのチーズロールの作り方【ネトメシ】
  22. 今そこにある感動。オートバイ事故で半身不随になった飼い主の車椅子を懸命に押す犬(フィリピン)
  23. AIは人は仕事を奪うかもしれないが、同時に新しい可能性も開いてくれる(英研究)
  24. なんで職質されなあかんのや?道路に出没したニワトリ、警察の職質に非協力的な態度を見せる(アメリカ)
  25. 中東の砂漠上空からドローン撮影した写真がマジアート!ミステリーサークルさながらの光景(アラブ首長国連邦)
  26. 大人の階段上る、子猫の成長ビフォア・アフター
  27. CIA本部に設置されている彫刻に打ち抜かれた謎の暗号文「クリプトス」 最後の暗号文はいつ解けるのか?
  28. 育毛成功?ピカチュウの前髪に世界がざわつく。Nintendo Switch向けの新作ポケモンの髪型変更機能
  29. 「さ、光合成しにいくよ!」頭に乗せた植物を日光浴させたり、水やりのタイミングを動きで知らせる植物育成ロボット
  30. 当社比5倍!世界最大のアボカド「アボジラ」がオーストラリアでブレイクの予感
アクセスランキング