食料の質と量、安全面で問題を抱える児童はロンドンだけで約40万人いる(イギリス)

    全体:7月:7週:1日:0

rZPaqENq_e

 現在、イングランドの公立小学校で、レセプションクラス(義務教育の1年前のクラス)~小学校2年生以下の児童全員、または3年生以上でも低所得家庭の児童には、無料で学校給食が提供されている。

 だが、ロンドン市長による最近の調査で、約40万人の子供たちの食事に問題が発生していることが発覚した。

 子供たちは、成長に必要とされる十分な量の栄養を確保できていないのだ。また、支給される食事が信頼できる方法で入手されていない可能性もあるという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52287783.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 農場の豚に凄腕テクニックでマッサージを施す癒し猫、豚たちはうっとりゴロン(アメリカ)
  2. ベテルギウスが再び輝きを取り戻しつつある兆候。超新星爆発は免れたか?
  3. リラーックス!ソファに座り猫がまったりと「トムとジェリー」を鑑賞中
  4. 死亡確認された女性、10時間後に生き返るという奇跡(ウクライナ)
  5. 猫氏「それうちのベッドなんやけど?」サモエドにベッドを取られて納得いかない相棒猫
  6. 「パニックによる買い占め」と「合理的な危機への備え」との違いは何か?
  7. スミソニアン博物館、280万点以上の作品をデジタル化&無料ダウンロード可能に
  8. 完璧主義は目的を見失う。心理的柔軟性を身に着けるための2つのヒント
  9. 消防士ってすごい!溺れたトカゲを指先一つで生き返らせる(オーストラリア)
  10. 「おまわりさん、迷子になりました」自ら警察署に出頭した犬(アメリカ)
  11. 受動的な傍観者と思われていた脳細胞の一種が、実は記憶の忘却に大切な役割を担っていた可能性が示唆される
  12. 凸凹ガラスを通すと猫がピクセル化する。ドット絵みたいで癒されると海外で話題に
  13. ギザの大ピラミッドは最初は白く輝いていた(エジプト)
  14. 毎朝うちにシマウマが来るのだが…保護シマウマズ、ニンゲン宅で逢引する
  15. 畑作業ならここから応援するし。猫によるお仕事の監視そして励ましらしきもの
  16. 犬のフン処理、「凍らせて取る」という便利グッズが販売されている件
  17. これまでに発見された小惑星の大きさをニューヨーク市と比較してみた
  18. フライドポテトを夕食として32年間食べ続けている男性(ベルギー)
  19. 保護施設の外に子犬と置き手紙。少年が犬を手放さなければならなかった理由(メキシコ)
  20. マリアナ諸島におけるクジラの座礁の半数は、軍のソナーテストの後で発生していたとする調査結果(米研究)
  21. ぴったりだったもんだから...猫用ドアを顔でふさぐ犬とそこを通ろうとする猫
  22. 閃いた!交際相手と結婚したくない男性、わざと逮捕される事件を起こす(中国)
  23. 落下注意な木登りパンダ「無事下りられた?」と世界中から心配される
  24. 10人のシリアルキラーの身も凍るような遺体処理方法
  25. キャンドルを全部灯すとハンバーガー味に!味なことやるマクドナルドのキャンドル登場
  26. 寒い冬を野外で過ごすホームレスの人々のために。寝袋と衣服が一体になった「シェルタースーツ」
  27. 干ばつが続くタイで、脱水症状のヘビにお水を与えるハイカー
  28. 犬と海の犬(アザラシ)が仲間になった!ガラス越しから友情がしっかり届いているよ(イギリス)
  29. AIで脳波を調べることで、個々にあった適切なうつ病の治療が行える可能性(米研究)
  30. それでは応援しよう。草むしりする男性の背中に鎮座し癒し続ける風な猫
アクセスランキング