AIで脳波を調べることで、個々にあった適切なうつ病の治療が行える可能性(米研究)

    全体:5月:1週:0日:0

robot-3385181_640_e

 平成25年に厚生労働省が行った調査によると、うつ病の有病率は6.7%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されている。

 年々その数は増加傾向にあるが、これは、うつ病が増えたのか、その判断基準が変わったのか、病院に行く患者が増えたことによるのもなのかは正確にはわかっていない。

 だが、患者数が増えることで、その患者個人に合ったうつ病治療を行うための開発が進んでいるのは事実だ。

 うつ病(大うつ病障害)を抱える300人以上を対象にした研究から、AI(人工知能)で脳波パターンを調べることで、抗うつ剤の効き目がいいか悪いかを予測できることがわかったという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52288104.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 動物界でトップクラスの実力を持つ猫の「だるまさんがころんだ」階段編
  2. 足を舐める悪魔?1921年のイランの写本に描かれた奇妙な怪物たち
  3. 「お外が見たい!」の一念でジャンプジャンプ!グレートデーンのトランポリンでの跳躍力がすごかった
  4. 太古のアフリカ大陸では、少なくとも3種の人類が共存していた(アフリカ)
  5. 100万個近くのN95マスクや医療用品を買占めした男性が逮捕され、FBIがそのすべてを押収(アメリカ)
  6. 英政府、コロナ回復者に免疫証明書を発行するシステムを提案、専門家らは懸念の声
  7. 自己待機中の男性、庭にやってくる常連のリスにピクニックテーブルを作ってみた(アメリカ)
  8. でかわいい!アラスカン・マラミュートの巨大さとかわいさと心強さがわかる画像
  9. 4月の満月はスーパームーン!今年一番明るく大きな月となるピンクムーンが4月7日深夜から8日、地球を明るく照らす
  10. 4月の満月はピンクムーンのスーパームーン!今年一番明るく大きな月に。4月7日23時頃から8日未明、地球を明るく照らす
  11. まだかなまだかな?撫でてほしくて窓から顔を出し、玄関先で待っている愛くるしいキツネ(アメリカ)
  12. 知られざる自然の驚異。水の代わりに大量の岩石で埋め尽くされたロシアにある「石の大河」
  13. 犬にはタネも仕掛けもないよ!ペットのパグの頭の上でテーブル引きをやってみた
  14. 50年間社会的距離を置き山小屋で1人暮らす男性が、自宅待機中で葛藤する人々におくる5つの暮らしのヒント
  15. これはいくつあってもいいやつ?カップラーメンのかやく袋がポーチになってガチャに登場していた件
  16. レゴブロックは最大で1300年、海中で形を変えず残存することが判明(イギリス研究)
  17. カラパイアにはスマホ専用公式アプリがある件
  18. ペットや子供がいると共感度マシマシ。日常あるあるを集めてみた
  19. 世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)
  20. 体の半分がオスで半分がメス。雌雄モザイクの不思議な蜂が発見される(パナマ)※昆虫出演中
  21. 般若ロックな模様を持つ猫、飼い主が同様の模様をメイクしたところ絶妙のツーショットに
  22. 「スパゲッティの木」1957年のイギリスのエイプリルフールネタから得られる教訓とは?
  23. クマ1がコーンを倒して行った「まったくもう、散らかしたままじゃダメでしょ!」とクマ2が元に戻して行った
  24. 炎の中から2匹の子猫を助け出した勇敢な消防犬、ニップの物語(アメリカ)
  25. 卵を産むし、いざとなったら食料に...新型コロナのパニック買いでヒヨコを飼う人が続出するアメリカ、専門家が警告
  26. そこには愛と喜びが。平穏な気持ちを取り戻すことができる16の写真
  27. 丸いキャンディーチーズを使って楽しくおいしい2品。花形ハムエッグとピザ風ピーマンの作り方【ネトメシ】
  28. 野生動物保護施設の職員ら、動物たちの世話のために園内施設で自己隔離(イギリス)
  29. ヒトが二足歩行を始めてからも、ずっと木の上で生活していた仲間がいた(英研究)
  30. こいつ、動くぞ!岩かと思ったら亀だったことに驚きを隠せないコーギー犬
アクセスランキング