イギリスのおばあさん、新型コロナウイルスによる身勝手な「買占め」騒動に物申す

    全体:1月:1週:0日:0

shop_e
image credit:Leona/Twitter

 今だ新型コロナウイルスは世界で猛威を振るっている。イギリスでは現地時間23日の夜、ボリス・ジョンソン首相によって「必要最低限の買い物および一日一回の運動、医療上の必要や真に必要な通勤という目的以外は、原則として外出を禁止する」という声明文が発表された。

 今後イギリスでは、スーパーや薬局、病院、郵便局以外の店や施設は閉鎖となり、公共の場で3人以上が集まることや、葬儀(少人数の身内に限定)を除く結婚式や宗教的行事が禁止され、措置を守らない者には警察から罰金など懲罰が科せられる可能性があるという。

 このような措置に至った理由は、イギリスでのウイルス感染者が増加しているからに他ならないが、その事実があるにも関わらず、不必要に外出する者やスーパーで閉店前に列をなし買占める客が後を絶たず、ひとところに多くの人が未だに集まるという事態を脱していないからだ。

 そんな中、ひとりのおばあちゃんが「国民的ヒーロー」として話題になっている。イギリス人のおばあちゃんは、身勝手な買占め客に怒りを爆発させ、Twitterで物申した。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52289193.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. なぜかスーツの上着やシャツだけが売れる現象が発生、その理由は?
  2. 妻の命をコロナから救ってくれた医療関係者に、自分が今できる最大限の感謝を示した夫(アメリカ)
  3. これは良い枕。寝心地よさそうな犬をチョイスしマイ枕代わりに使う犬(アメリカ)
  4. 歴史ある大聖堂が臨時病院に。コロナ感染者が増加するニューヨークで異例の措置(アメリカ)
  5. イルカを見に来た?カバでもここまでやれるんだぜ。機敏な泳ぎでファンサービスに余念がないカバ(アメリカ)
  6. 元保護猫のネイサンさんとウィニーさん、二匹一緒にスイミング。
  7. まるでクロード・モネの絵画のよう。NASAの木星探査機がとらえた木星の最新画像
  8. 子馬のデイジーさんとリクガメのジュジュさん、のんびりとお散歩するよ
  9. 人は見えないものを恐れる。「5Gと新型コロナウイルスに関連性がある」という陰謀論の背後にあるもの
  10. コロナウイルスから回復した男性、重篤患者の治療に自分の血漿を寄付、治療に役立てる(アメリカ)
  11. 危険度に応じて異なる装備。アメリカの国家警備隊(州兵)の3種の防護具
  12. マスクが手に入らない?斬新なアイデアとユーモアで防御力アップをはかる人々
  13. 監視カメラを味見?イエローストーン国立公園に導入されたオオカミたちの今(アメリカ)
  14. バイオレンスなテレビゲームをプレイする人は、戦う覚悟を与え「優れた戦士」という自己イメージを形成させる(オーストラリア研究)
  15. 猪散歩。ミーアキャット、初めて見るイノシシに好奇心が加速する(アメリカ)
  16. パンダたちリラックスしすぎでしょ!ほんのりお色気たっぷりの入浴シーンを詰め合わせてみた
  17. 緊急事態宣言により緊張が高まる中、不安症をかかえる人々が不安を乗り越えるための専門家のアドバイス
  18. そこのけそこのけビーバーが通る!仲間のために人参を運ぶビーバーに関する海外の反応
  19. 合わせ鏡は悪魔を呼ぶ?世にも奇妙な世界に伝わる10の迷信
  20. マスクをすると手話が成り立たないから。聴覚障碍者用のマスクを21歳女子大生が開発し無料で発送(アメリカ)
  21. ちゃんと走るんだぜ! ダンボールでボディを作り、高級バイクのレプリカを作ってみた(ベトナム)
  22. 間違いメールがきっかけで、見知らぬ男性と感謝祭を共にしていたあのおばあさん、コロナウイルスに感染
  23. それは励ましているの?仲間の犬の肩や背中をトントンしまくる犬(カナダ)
  24. 下水の検査で新型コロナウイルスの潜在的な感染者数を把握できる可能性
  25. 動物界でトップクラスの実力を持つ猫の「だるまさんがころんだ」階段編
  26. 足を舐める悪魔?1921年のイランの写本に描かれた奇妙な怪物たち
  27. 「お外が見たい!」の一念でジャンプジャンプ!グレートデーンのトランポリンでの跳躍力がすごかった
  28. 太古のアフリカ大陸では、少なくとも3種の人類が共存していた(アフリカ)
  29. 100万個近くのN95マスクや医療用品を買占めした男性が逮捕され、FBIがそのすべてを押収(アメリカ)
  30. 英政府、コロナ回復者に免疫証明書を発行するシステムを提案、専門家らは懸念の声
アクセスランキング