裏庭に来るキツネたちに餌を置いておいたところ、かわいいお客さんが!野生のハリネズミがご来店(イギリス)

    全体:1月:0週:0日:0

hedgefox

 森林伐採や環境破壊など、様々な理由により、野生生物はその生息域を人間の住む地域へと広げていった。

 イギリスの都市部でもその傾向が顕著にみられる。ロンドンではアカギツネが1万匹以上いると言われており、繁華街や公園、住宅地でゴミを漁るキツネの姿が頻繁に目撃されている。

 日本におけるカラスのように一部の人々からは嫌われているが、イギリスでは、キツネをはじめ本来の形での生息が困難になった野生動物に一定の距離を置きながらエサを与える人も珍しくない。一部の野生動物保護団体には奨励されているという。

 ルーシー・ゴーチャーさんも、家の裏庭でキツネにエサをやるようになった。すると、思いがけず楽しい光景を目撃することとなったのだ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52261847.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 羽を広げてリラックスしているフクロウがかわいいのでコラ職人がんばる
  2. 木星の外縁に超巨大な緑色の物体が?
  3. アレはなんだ?巨大オタマ?深海のクリーチャー、フクロウナギを見てみよう
  4. ダークマター検出に朗報。地球に吹きすさぶ星々の嵐がダークマターの観測を可能とするかも!?(スペイン研究)
  5. 刺繍なのに飛び出す絵本みたい! 空を立体的にふわっとさせた美しく斬新な刺繍デザインアート
  6. 淡々と...地べたに寝そべって動こうとしない娘に対する父親の対処法
  7. 壊れた?ダクトテープがあればOK!アメリカ人、壊れたものはとりあえずダクトテープで修理する説
  8. 大都市の小さなワンルームのアパートでオオカミと同じ部屋に住むロシア人男性
  9. 猫は人の視線を読み、それを手掛かりに行動している(ハンガリー研究)
  10. なにこの触手!西オーストラリアの海岸で発見されたこの生き物の正体は?
  11. 南極の下で失われた大陸の名残りが発見される(ドイツ・イギリス研究)
  12. シーツの上、いきたい。にこにこする赤ちゃんと背中を引っ張る犬
  13. 世界初。スコットランドの学校でLGBTI(性的少数者)の授業を義務化
  14. SF的未来感!宇宙植物「マイセリウム」風の菌糸彫刻が施された3Dプリンターで作られた靴
  15. こういうの好き!週末の48時間で高速道路の下に70メートルのトンネルを作る工事を早回しで
  16. 中が丸見えだけど森の中だから大丈夫?森の中に建った大きな木を囲む円筒形のガラス張りの家
  17. オフィス猫として勤務していた盲目の猫、会社が倒産し失業するも最高の飼い主が見つかる(アメリカ)
  18. 2062年までにAIロボットが、発明や芸術分野で人間の創造性を追い越す可能性が示唆される(オーストラリア研究)
  19. カワウソ2匹にストーカーされぎみなトラの子、タジタジの構図。
  20. メダカの学校ならぬサメの大学校!過去最大規模のクログチヤモリザメの産卵場所が発見される(アイルランド)
  21. お腹いっぱいご飯を食べてね!1度に2匹の捨て犬を保護した日~Hope For Paws
  22. 古代ピラミッドの墓の中から数十体の猫のミイラが発見される。他にもスカラベなど珍しいミイラが続々と
  23. 良い歳を取り方をしていらっしゃる。ローリング・ストーンズのメンバーの顔の変化をモーフィング映像で(1962-2018)
  24. 嫌な予感しかしなかったけど、予想以上にひどかった。なぜそれ以上火が必要だったのかっていうね...
  25. 決め手は神配合。絶対に失敗しない「スペキュラース・クッキー」の作り方【ネトメシ】
  26. 引っ越しの時に置き去りにされた犬が、もう一度人と共に第二の犬生を望むまで(アメリカ)
  27. 不思議の国のアリスの世界かな?キノコにバクテリアを3Dプリンターで印刷することで発電キノコが誕生(米研究)
  28. 割とスパルタ?猫のお父さん、子猫に木登りを教えて、いるのか?
  29. トップシークレットだったアメリカの軍事基地か?グーグルアースの衛星画像に写る謎のオブジェクトの正体は!?
  30. 「ママ?ママ?」狩ってはみたけれど……。自分に甘えてくるヌーの赤ちゃんを守るメスライオン
アクセスランキング