「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言

    全体:1月:1週:0日:0

sky-690293_640_e

 イランの市民防衛組織のゴラム・レザ・ジャラリ准将が記者会見を開いた。

 そこで「イスラエルはイランの雲を盗み、イラン領空内の雲に働きかけ雨が降らないようにしている」と発言した。

 雨が降らなければ土地は干上がってしまう。イスラエルは水不足による干ばつを狙っていると指摘したのだ。

 確かにイランとイスラエルは緊張関係にある。いろいろ言いたいことはあるだろう。だが「雲を盗んだ」まで行くと、想像を超えるレベルの緊張感だ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52262053.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 猫たちはあの瞬間どう過ごしていたんだろう。地震にいち早く気づく猫たちを映した動画が発見された
  2. 未だに定期的に流行する地域も。ペストに関する知られざる5つの事実
  3. 未知との遭遇に備えたメッセージ?黒一色をベースに彫り込まれた、ジオメトリックなSF風近未来的タトゥ
  4. 自分の車を売ってまで自分の夢を応援してくれた母親に、息子が12年後のサプライズ(イギリス)
  5. 「犯人は赤いパーカーを着た男で警察は現在その行方を捜索中」...っておい!後ろ!!っていう(アメリカ)
  6. やらかしキャット。猫のいたずらの犯行現場が集められたインスタグラムのアカウント「キャット・シェイミング」
  7. お互いのまわりを周回する、珍しい二重小惑星が太陽系で発見される(NASA)
  8. 自分の顔を毛づくろいしながら赤子の子守もこなす、器用なマルチタスク猫
  9. 古代都市ポンペイが迎えた運命の日。ヴェスヴィオ火山が噴火したその瞬間の様子を再現した迫力の3Dアニメーション
  10. 「早く逃げて!誰か助けて!」ヒロインのピンチに興奮気味のブルドッグ
  11. エイリアンの置き土産かな?9本腕の巨大なヒトデ「ナインアームド・シースター」が管足をビラビラさせながら動くさま
  12. 世界地図の国の大きさって違くない?地図に描かれた国の大きさと実際の大きさを比較してみた。
  13. 愛犬にもラグジュアリー。スイートルームでリラックス、設備も食事も充実した犬のための豪華なペットホテル(アメリカ)
  14. なんだよこれ最高かよ。無限に引き出せるATMのごとくどんどん紙幣が出てくる夢のような誕生日ケーキ
  15. 感電した飼い主を必死に助けようとした犬だったが...深い愛情で結ばれていたからこそ悲しい結末に。勇敢な犬の物語(インド)
  16. 感電した飼い主を必死に助けようとした犬だったが...深い愛情で結ばれていたからこそ悲しい結末を迎えた勇敢な犬の物語(インド)
  17. 海外で拡散された「暑い日にガソリンを満タンにした車は爆発する」は本当なのか?その真実を検証
  18. なぜ履かせたし。もしも「ジュラシック・パーク」の登場人物がすべてハイヒールを履いていたら?(含恐竜)
  19. 黙示録かな?アリゾナの砂漠で発生した巨大な壁のような砂嵐
  20. やっぱり猫だからこうなるよね。どこのご家庭でも「あるある」な、やらかした猫たち総集編
  21. いきなりエクソシズム。地下鉄車内で女性に憑いた悪魔を祓おうを行おうとする男性、抵抗する悪魔(メキシコ)
  22. 地球上で最も汚染されていると言われている無人の孤島「ヘンダーソン島」(世界遺産)
  23. 空港で荷物を運んでくれるかわいいヤツ。AI機能搭載の自走運搬ロボットはパチクリとお目目でコミュニケーション
  24. これは便利!身の回りにある道具できる5つのフルーツの簡単な処理方法【ライフハック】
  25. 部屋のはじっこで大股広げて口開けて寝ている猫があまりにもグタっていたのでコラ職人がんばる
  26. 犯罪を犯す前に危険人物を発見し、人相から政治思想・性的傾向・知能指数まで検出できるAI搭載防犯カメラ
  27. ナチスからの大規模空襲に備え、第二次世界大戦中にイギリスで使用されていた屋内用シェルターが大き目のペット用ケージだった件
  28. ストーンヘンジの建設者はピタゴラスが生まれる2000年前にピタゴラスの定理を用いていた
  29. 笑う門には福来るって聞くし。インターネットで見つけたスマイル猫たち
  30. 1年半前に波にさらわれ行方不明になっていた女性、同じ海岸でほぼ同じ状態で発見されるミステリー(インドネシア)
アクセスランキング