未知との遭遇に期待度アップ。わずか11光年先でスーパーアースを発見(ドイツ研究)

    全体:3月:3週:0日:0

スーパーアース
スーパーアースの発見/iStock

 宇宙望遠鏡など観測技術の発達により、太陽系外惑星の秘密は徐々に明らかになりつつある。数千もの星々を同時に捉え、その膨大なデータはソフトウェアによって効率的に分析される。その後厳選された有望な候補の確認は手作業で入念に行われる。

 こうした効率化のおかげで、最初に太陽系外惑星が発見されてからわずか28年で、4000個以上もの太陽系外惑星が発見されてきた。このまま順調に観測が進めば、地球外生命体的な意味での未知との遭遇を果たせる日も近いかもしれない。 
 
 『Science』(6月26日付)に掲載された研究によれば、これまででもっとも有望な候補がついに発見されたそうだ。地球から12番目に近い恒星「グリーゼ887」を公転するスーパーアースが発見されたという。地球からわずか11光年先にあり、2個のペアか、もしかしたら3個である可能性もあるという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52292269.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 世界は愛を求めている。ロバを抱きかかえた男性が歌う子守歌
  2. 夜を昼に変えた。宇宙での高高度核爆発実験の歴史
  3. 好奇心旺盛なキツネ、スペアタイヤに頭が挟まり困惑状態。地元の人々の手で救助へ。
  4. リアルなの?フェイクなの?人間サイズの巨大コウモリの画像がネットで物議をかもす
  5. 10人中8人は本物の牛肉と信じてしまうほどの植物由来の人工肉ステーキが開発される(イスラエル)
  6. 猛禽類随一の魚捕り名人、ミサゴが巨大魚ゲットだぜ!
  7. 『13日の金曜日』のジェイソンが、ニューヨークでマスク着用を呼びかける(アメリカ)
  8. 生まれてすぐに保護された子猫、保護施設から仮里親を経て永遠の家族の元へ。その家族はなんと!(アメリカ)
  9. 終末・ホラー映画が好きな人は、コロナウイルスのパンデミックに上手く適応していることが判明(米研究)
  10. 群れとはぐれたメスライオン、感動の再会へ(南アフリカ)
  11. 公開復讐?未調理の鳥まるごと1羽を審査員に出した料理コンテスト出場者(スペイン)
  12. サモエド犬「もう帰っちゃうの?次はいつ?」お友だちが帰っちゃってさびしさMAXしょんぼりな犬
  13. 宇宙服なしで宇宙空間に放り出されると何が起きるのか?
  14. ちょっとそれ嗅いでみたい。宇宙の匂いの香水が開発され、販売が決定
  15. シルバーマン?全身銀色に塗りたくった物乞いがインドネシアで急増中、その理由とは?
  16. ペットロス。ペットとの別れが悲しいのは自然なこと。その克服法は?
  17. オーブンいらず!透明なレモンタルトの作り方【ネトメシ】
  18. 雨の中、飼い主を外で待つ犬に傘を差しかけ続けた警備員(イギリス)
  19. オーストラリアと中国の関係が悪化。仕掛けられたスパイ活動の内情を中国側が報道
  20. 子猫の成長記録。同じ構図で撮影した生後3か月の時と3歳の時を比較してみた
  21. スマホにVR、テレビ会議も!1947年のフランス映画が現代のテクノロジーを予言しまくっていた
  22. レストランで売り物のサメが出産?フトツノザメのお母さんと赤ちゃん、無事に海に帰る
  23. 太陽の250万倍明るい「巨星」が忽然と消失する謎の現象が観測
  24. コロナ感染対策。顔を手で触ろうとすると震えるペンダントをNASAが開発
  25. どこの国のを食べてみたい?世界14か国のミリメシ(戦闘糧食)をプレートに乗せてセッティング
  26. 継父は思わず涙ぐむ。父の日に受け取ったのは、娘が大切に保管していた大量の付箋。それは見覚えのある...
  27. バナナなのにバニラアイス味!未熟果は青色の「アイスクリームブルーバナナ」は日本でも育てられる
  28. 元気のない親友のためにベッドを運んであげるやさしい犬(アメリカ)
  29. 7月の満月はバックムーン。7月5日、空を見上げて新たなる目標を掲げよう
  30. 民家の裏庭でフクロウと飼い猫が遭遇。フクロウ巨大化の術を展開
アクセスランキング