宇宙船型キャリーバッグに入った猫の表情があまりにも悲惨すぎたのでコラ職人頑張る

    全体:1月:0週:0日:0

0_e2

 毎度おなじみ海外掲示板名物フォトショバトル。ネットで出回った秀逸な1枚の画像をいじり倒し、更なる発展を競うというものだ。

 今回のお題は、宇宙船を模した猫用キャリーバッグを背負う女性のこの一枚だ。女性のうれしそうな表情とは真逆に、猫は悲壮な表情を浮かべている。

 雑コラから結構手の込んだコラまで、コラ職人たちが作り上げたコラを見ていこう。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52264190.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. フェレットの母親がニンゲンに我が子を見せたくて。何度も何度でも手を引っ張って巣箱に引き入れる
  2. 2020年に「人工月」を打ち上げる計画を発表。本物の月の8倍の明るさで街灯の代わりに(中国)
  3. お願い、もう恥ずかしいからいじめないで!おならしちゃったマラミュートの反応がプライスレスな件
  4. 人はなぜそれを見たがるのか?専門家が語る、犯罪ドキュメンタリーに人気がある12の理由
  5. ティラノサウルスに占拠されるアメフト会場。ジュラシック・パークのテーマにのせて踊る恐竜たちのダンスがファニー&クール
  6. 今あなたに足りないものは? 6つの宝石から一番心が惹かれるものを選んでみよう。石が問題解決の糸口に【占い】
  7. バナナで釘が打てるくらいだもの。南極の野外で食事をしようとするとすべてが食品サンプル化する件
  8. オーストラリアにあるアメリカ大使館が誤爆!架空のパジャマ猫パーティーの招待状を一斉送信しちゃった件
  9. 一度信じてしまった情報を訂正するのは難しい。だが繰り返して正しい情報を共有することで訂正可能となる(米研究)
  10. トライバルな要素に異文化や生物を融合させ新たなる文脈を作り上げたレザーマスクアート作品「Tribal Remix」
  11. 究極のインプリンティング(刷り込み)効果か?どこにいってもパタパタついてくる。21羽の鳥を我が子として育てる男性
  12. 死後10分以上脳が活動している人がいる。死後体験には個人差があることが脳波検査で判明(カナダ研究)
  13. ごみ箱から保護された白い猫は耳が聞こえなかった。大きな鳴き声で自分の存在を伝えるよ
  14. リアルな古代世界には女戦士がたくさんいた。その歴史を検証する。
  15. 着る勇気。岩下の新生姜になりきれる「岩下の新生姜Tシャツ」が間もなく販売スタート!
  16. うちのおばあちゃんがウォルト・ディズニーと握手してるんだけど。1956年に撮影されたディズニーランドの貴重な映像
  17. 最強にうまい食べ方!ローソンのプレミアムロールケーキの「クリーム」とセブンイレブンの「生カスタードプリン」が神合わせ
  18. 今度はオーストラリアで。同性愛ペンギンカップル、愛情深くダミーの卵ちゃんと育てられることを証明して本物の卵が与えられる
  19. 新たに承認された皮膚炎治療薬に思わぬ発毛効果。全頭性脱毛症の少女の髪の毛が劇的に生える(米研究)
  20. ドクロのような屍の小惑星「2015 TB145」が2018年11月頃、再び地球に接近
  21. 耳毛キュートなワイルドキャット「カラカル」の子猫。お腹がすいたときの鳴き声のピキピキ感がすごい(要音声)
  22. 1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ
  23. いったいどこからやってきたの?屋上に住みついた猫の母子救出作戦
  24. アインシュタインの残した有名な「神の手紙」がオークションに出品される。天才物理学者の考える神とは?
  25. 例え浮気の疑いがあっても法律違反。許可なく夫のスマートフォンを盗み見たとして妻が刑務所行きに(アラブ)
  26. フラッシュはいくつどこに見えた?脳が過去を予測して現在の感覚に影響を与える「ポストディクション」錯視
  27. トップはリンゴ。企業のブランド力を数字にした2018年ブローバルブランドランキング、トップ10が発表される
  28. トップはリンゴ。企業のブランド力を数字にした2018年グローバルブランドランキング、トップ10が発表される
  29. 誰も私たちを引き離すことはできない。身を寄せあって外の世界で生きていた犬と猫、紆余曲折を経てようやく保護される
  30. 南極大陸の氷河に30キロもの亀裂が出現。まもなく崩壊し巨大な氷山が誕生する兆候(オランダ研究)
アクセスランキング