第一次世界大戦で顔を負傷した兵士たちの為に、オーダーメイドのマスクを次々と作り上げた善意の女性彫刻家(アメリカ)

    全体:1月:0週:0日:0

top_e

 1914年7月28日から始まった第一次世界大戦。当時の戦争は人類にとって最悪だった。軍事技術が急速に発展していったのに対し、医療技術が全く追いつかなかったのだ。

 大多数の軍は改良型の機関銃を使用し、性能の上がった機関銃による戦死者の数は急増した。毒ガスが本格的に使用されたことで戦争の歴史の新しい章を刻んだ。

 運よく生きのびても毒ガスで顔が焼かれたり、顔面を銃で撃たれた兵士たちの顔は目も当てられない状態だった。

 歪んだ顔のまま生きていくことは辛い。そんな兵士たちを救ったのは 医師ではなく一人の女性彫刻家だった。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52264686.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. ボーイフレンドが犬に嫉妬。大切な愛犬を売り払われてしまった女性。メディアで拡散され無事に再会(アメリカ)
  2. ビンビンになると噂の地衣類を食べる人が続出中。毒性があるので危険と植物学者が注意喚起(ニュージーランド)
  3. 「どうぞご自由におモフり下さい」猫が床に転がったまま微動だにしないレストランの風景(タイ)
  4. いったいなぜ?フォートナイトの世界チャンピオンの自宅に、米警察特殊部隊SWATが襲撃する事態が発生(アメリカ)
  5. 留守番を任されたゴールデンのアベリーさんが見せた哀愁に満ちた表情がこちら
  6. 地球温暖化に懐疑的な人は、自分の信念を支持する情報を集める為、科学者より49%多くのメディアをチェックしている
  7. 大収穫じゃないか!家の中が野菜に満ち溢れる生活。巨大お野菜クッション
  8. モルモットは寂しがり屋。スイスの「モルモット単独飼育禁止令」に倣って専門家が正しい飼育法をアドバイス
  9. おすわりも伏せもできる!人命救助用犬型ロボット「アストロ(Astro)」の犬化がすごい!(アメリカ)
  10. ホテルを探すなら猫付きで!猫が常駐する世界のホテルを紹介「Hotels With Cats (猫がいるホテル)」
  11. 脳にマイクロチップを埋め電気ショックで過食を制御。革新的な肥満予防デバイスが開発される(米研究)
  12. 欲しいのか?1粒だけな。犬にキャットフードを1粒だけ分け与える猫
  13. カタツムリの触角の中でグリグリとうごめく寄生虫、ロイコクロリディウムの恐ろしい映像が話題に(台湾)※グリグリ注意
  14. 遊んでくれなきゃシャカシャカするぞ。お姉さんと遊んでほしいマヌルネコが見せた健気な瞳
  15. 脳は悪い情報に敏感。知らず知らずのうちに誰もが影響を受けている認知の罠「ネガティビティ・バイアス」とは?
  16. きょえぇぇ~!フィヨルドの断崖絶壁に張り出す超高所ホテル構想(ノルウェー)
  17. だまし絵から最初に見えるもので、隠された人格が明らかになる心理テスト(占い)
  18. レストラン経営者が苦情を訴えた観光客に激怒。車に飛び乗りフロントガラスをたたき割る(アルバニア共和国)
  19. 一匹の飼い犬と、運命の出会いをした野良の子猫。仲良しの2匹を見た飼い主が出した決断が優しかった(イタリア)
  20. 求められていないのに自分のキノコ写真を送りつける男性はナルシストで性差別的であるという調査結果(カナダ研究)
  21. 地震!その時猫は?台湾で地震が発生した時の猫たちの様子を記録した監視カメラ映像
  22. 頭にブラウン管テレビを被った男が、民家の軒先に旧型テレビを次々と置いていく不可解な事案が発生(アメリカ)
  23. フェンスにくくりつけられたハスキーを救出した警官、すっかりほれ込み無事飼い主となる
  24. 日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
  25. アメリカアイス事変。今度はホットドッグ味のアイスクリームが爆誕!
  26. アルミ缶とペットボトル、どちらが環境に悪いの?
  27. 母親にスマホを没収された少女、ゲーム機を経てついにはスマート冷蔵庫からツイート!?(アメリカ)
  28. 思いがけない偶然の出会いから、永遠の親友同士になった地質学者と子猫の物語(アメリカ)
  29. 手術後の人体と糖分が大好き。病院で繁殖する恐怖の細菌が発見される(英研究)
  30. どんなクリーチャーが迫ってくるかと思えば...猫がぬいぐるみをくわえて運ぶ様子があまりにもシュール
アクセスランキング