美を追求しすぎちっち?「聖パドヴァのアントニオの像」をオネエっぽくしたとして宗教団体が激怒(コロンビア)

    全体:0月:0週:0日:0

saint1
image credit:Facebook

 コロンビア・ソレダードの宗教団体は、聖パドヴァのアントニオの木彫り像に対して怒涛のごとく怒っているという。

 あるアーティストにこの木彫り像の修復を依頼したところ、めちゃめちゃオネエっぽく仕上げられてしまったというのだ。

 確かに男性像にしては、きゅーとな仕上がりとなっており、信者からは「現代風オネエ聖人」などと揶揄する声まで上がる始末となっている。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52265219.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 捨て犬を発見したブラジルの貧しい少年。せめてご飯を食べさせてあげたい。そこでとった行動が拡散されやさしさが連鎖
  2. オナラを我慢すると口から漏れる!?その真相は...
  3. うまいうまい、猫うまい。全部溶かしきるほどに猫を舐める鹿
  4. カナダの山中に突如現れた謎のワーム状の構造体の正体が12年の時を経てようやく解明される
  5. 子猫?ラザニア?子犬の鳴き声が謎かわいいと話題になっている模様。
  6. セイラム魔女裁判で実際に使用されていた魔女の正体をあばきだす10の方法
  7. 私が見ているものは一体何なの??ネット民を困惑させた「どう見ても後頭部にしか見えない写真」その真相は?
  8. 動物たちにサンキュー!動物たちを祝う世界6つの秋祭り
  9. 春巻きの皮がサクウマ!カレー味のじゃがいもがホクウマ!インドのサモサ風スティックの作り方【ネトメシ】
  10. 踏みつけ注意!床がまるごと水槽になった世界で唯一の魚大解放カフェ(ベトナム)
  11. ノルウェーの農村地帯でバイキングの船葬墓が発見される
  12. 猫団子にはどうしても加わりたかった鳥。「ちょっと入りますよ」で中央を陣取る
  13. 巨大な光の尾を引いた謎の発光物体が中国各地で目撃される
  14. Animal Aid~「痛いよ、怖いよ!助けて!」道端でケガをしておびえ切った子犬の保護作戦
  15. アメリカの猟奇的連続殺人犯、アルバート・フィッシュの中に潜むモンスターが爆発するまで
  16. ニューヨーク市の公立学校の学生の約10人に1人がホームレスであることが判明(アメリカ)
  17. 臨床実験で検証済み。食べると高確率で悪夢を見るハンバーガーを期間限定で販売するバーガーキング
  18. 猫のせいで電気代が支払えないと訴えていた飼い主だが動かぬ証拠を突きつけられ猫は無罪を勝ち取る(ロシア)
  19. この子がいてくれて本当に良かった。ペットと強い絆で結ばれていった飼い主たちの投稿写真
  20. 気候変動の影響はビールにも。大麦の収穫量の減少で世界的なビールの値段の高騰を引き起こす可能性(米研究)
  21. フェレットの母親がニンゲンに我が子を見せたくて。何度も何度でも手を引っ張って巣箱に引き入れる
  22. 2020年に「人工月」を打ち上げる計画を発表。本物の月の8倍の明るさで街灯の代わりに(中国)
  23. お願い、もう恥ずかしいからいじめないで!おならしちゃったマラミュートの反応がプライスレスな件
  24. 人はなぜそれを見たがるのか?専門家が語る、犯罪ドキュメンタリーに人気がある12の理由
  25. ティラノサウルスに占拠されるアメフト会場。ジュラシック・パークのテーマにのせて踊る恐竜たちのダンスがファニー&クール
  26. 今あなたに足りないものは? 6つの宝石から一番心が惹かれるものを選んでみよう。石が問題解決の糸口に【占い】
  27. バナナで釘が打てるくらいだもの。南極の野外で食事をしようとするとすべてが食品サンプル化する件
  28. オーストラリアにあるアメリカ大使館が誤爆!架空のパジャマ猫パーティーの招待状を一斉送信しちゃった件
  29. 一度信じてしまった情報を訂正するのは難しい。だが繰り返して正しい情報を共有することで訂正可能となる(米研究)
  30. トライバルな要素に異文化や生物を融合させ新たなる文脈を作り上げたレザーマスクアート作品「Tribal Remix」
アクセスランキング