最近気分がすぐれない?10月から11月にかけて発症するうつ病に似た「季節性情動障害(ウインターブルー)」とは?

    全体:2月:0週:0日:0

0_e36

 「なんだか最近よく落ち込む。憂鬱な気分がする。体もだるいし疲れやすくなった。うつ病かもしれない。」そう感じている人はいないだろうか?

 ある季節にのみ発症する病気があるという。それは、ちょうどいまの時期、空がどんよりと暗くなる10月から11月にかけて発症すると言われている「季節性情動障害」である。放っておいても3月ごろに収まるというサイクルを繰り返す。その症状から別名「ウインターブルー(冬季うつ病)」とも言われている。
 

続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52176633.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 予想外の展開から目が離せない!食後に自動的にケーキを食べる為の壮大なるルーブ・ゴールドバーグ・マシン
  2. 【R.I.P.】鍛え抜かれた筋肉で一世を風靡したカンガルー、ロジャー氏が永遠の眠りにつく。享年12歳
  3. 山火事に巻き込まれ、ヒゲを失いながらも、弟猫を必死に守り続けたお姉さん猫(アメリカ)
  4. 宇宙で観測できない95%の正体は「暗黒流体」であるという新理論が発表される(英研究)
  5. 猫、初めて見る階段に対する反応。を見た人々の反応。
  6. NASAの火星探査機インサイトの火星上陸に湧き上がるコラ職人たち
  7. 小さくたってプレデター。不機嫌なボブキャットの子猫を野生に帰すのは大変なお仕事です!
  8. 催涙ガスを使うとなぜ涙が止まらなくなるのか?その仕組みと安全性(米研究者)
  9. 自転車をこいでマフラーができちっち!7.5分で1本のマフラーを編むことができる自転車
  10. 本当に怖い超低空飛行。ボーイングC-17が高層ビルすれすれを飛行。周辺にいた人々は大びっくり(オーストラリア)
  11. ある寒い日、正式にホームレスになったという男性がバスに乗ってきた。バスの運転手のやさしさが男性の運命を変えた。
  12. 10匹のコイの殺傷したカワウソ容疑者、現在も逃走を続けており厳戒態勢がしかれている模様(カナダ)
  13. 10匹のコイを殺傷したカワウソ容疑者、現在も逃走を続けており厳戒態勢がしかれている模様(カナダ)
  14. 内気な人ほど、お酒を飲んだ後の気持ちの落ち込みがひどい(英研究)
  15. 「大丈夫?目が回らないかしら?」 大親友のテディベア(ぬいぐるみ)が洗濯機で回されているのを心配そうに見守る犬
  16. 3000年前の呪術師だった可能性。奇妙なタトゥーの入った女性のミイラの正体が明らかに(エジプト)
  17. 人間の大人が怖い!飼い主との距離をキープし続ける犬
  18. 「悪い子は食うにゃ!」アイスランドに伝わる恐怖のクリスマスキャットとは?
  19. 靴に対する概念が覆されすぎた。奇妙な靴を次々と作るアーティスト
  20. すぐに頭痛を治したい?頭痛のタイプによっては10秒で頭痛を和らげることができる咬筋マッサージ法
  21. 思ったより簡単にできるしとにかくうまい!ブラウニーの作り方 【ネトメシ】
  22. 運河で迷子になってしまった犬。窮地を救ったのは野生のイルカたちだった(アメリカ)
  23. 魔法の薬が誕生なるか?ある遺伝子を取り除くことで何を食べても太らないことがマウス実験で実証される(共同研究)
  24. コーチは猫。ランナーたちを次々とハイファイブで励ます猫
  25. 太陽系内の惑星が一直線に並ぶ「惑星直列」のピークは2018年12月21日。アラスカで発生した地震とも関連性があるのか?
  26. お気に入りの椅子にちょこんと座っていた侵入者は猫だった。今日もNNNミッションコンプリート
  27. 車止めポールに隠された謎のメッセージに気が付いた数学教師。ツイッターで呼びかけその正体が明らかに(スペイン)
  28. アプリで楽しむオンライン回顧展。あの名画もじっくり鑑賞できるグーグルの「ミート・フェルメール」
  29. きっかけはメッセージの誤送信。何かの縁と一緒に感謝祭を祝ったおばあさんと見知らぬ青年、今年も一緒に祝っていた。
  30. なんというディストピア感。アマゾン倉庫でロボットがクマよけスプレーを破損。有毒ガスが漏れ作業者24名が病院に搬送
アクセスランキング