刑務所飯よりひどい?小学校の給食メニューがあんまりにもあんまりだと物議をかもす(イギリス)

    全体:0月:0週:0日:0

england1_e

 イギリスの給食は以前にも「せつなすぎる!」と話題になったり(関連記事)、給食費を支払わない親の名前を公表するとして物議をかもしたり(関連記事)したことがあった。

 しかしまだまだ問題は尽きないようで、あんまりにもあんまりな給食メニューを提供していた小学校が非難の的になっている。

 ジェンマ・オグレディさん(38歳)は、スコットランド・ダンディーにあるセント・ピウス小学校に通う娘・ケイジーちゃんのことを心配していた。

 給食が出ているはずなのになぜか毎日お腹をすかせて小学校から帰ってくるのだ。

 さすがにいよいよおかしいな、と思い給食の写真を見せてもらうと・・・そこには刑務所飯よりひどいかもしれない衝撃的なものが写っていたのである。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266033.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 練習中のインコを撮影に成功。スクーターに乗るインコの懸命な姿にきゅん
  2. 図らずもドイツ軍に庇護され、その生息数を増やし始めたオオカミ(ドイツ)
  3. 「ドラゴンボール超」の亀仙人そっくりと話題の筋骨隆々なベトナム人ボディービルダー男性
  4. 2月22日は猫の日。世界の猫に関する20のトリビア
  5. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第17回:朝ごはんの為の3匹の猫たちの目覚ましミッション
  6. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第17回:朝ごはんの為の3匹の猫たちの目覚ましミッション
  7. 突然訪れた愛犬との別離。悲しみに打ちひしがれた少年が運命に導かれ、新たな犬に出会うまで(アメリカ)
  8. 生き残るため。様々な植物が他植物から遺伝子情報を盗み、それを取り込むという戦略を利用していた(英研究)
  9. 外出しようとすると毎回、鉄壁の防御で家の鍵を守ろうとする猫
  10. 燻煙式殺虫剤の罠を回避するゴキブリ。だがその煙は他の生物に危険性(アメリカ)
  11. 父親が新しく便器を設置。ちょっと目を離した数分後、猫がこうなってた…に関する海外の反応
  12. 臨死体験は単なる幻覚なのか?科学者が予想する死後に起こること
  13. イギリスのラプンツェル女性は約20年間髪を洗わずに、美しいロングヘアを維持
  14. マイティ・ソーに憧れたコスプレイヤー。青く発光する瞳をついに実現!その創意工夫がすごい。
  15. 口の中が痛くなるのを我慢してでも甘美な味を楽しみたい?スリリングな諸刃のフルーツ「モンステラ・デリシオサ」の実
  16. 2019年カラパイアお年玉プレゼント企画「今年最初に何買った?」当選者発表!
  17. 一方ロシアでは、キツネのリアルファー(まるごと生体)を身に着けた女性が地下鉄に乗ろうとしていた
  18. 完璧なフェイクニュースを作成することも可能な高精度のAIが開発される。危険性が高すぎるため完全公開を断念
  19. 「キャットつながりだから~」ってことなのか?猫を布団代わりにしようとするミーアキャット
  20. 昔は自撮り写真を撮るのも大変だった。100年前の自撮り写真はこのように撮影されていた
  21. 身体は大きいけど心も広いよ!優しいデカ犬アイリッシュ・ウルフハウンドを愛でる写真集
  22. 完全なる孤独と闇の中で30日間過ごせれば10万ドル(約1100万円)という賭けが行われた。勝負の結末は?
  23. 「ハーレーダビッドソン」から最新電動バイクが2種登場。シティバイクスタイルとモトクロススタイル
  24. 巨大ナマズゲットだぜ!約2.8メートルのナマズを釣り上げた男性(イタリア)
  25. 州によってこんなに違う。アメリカ国内のビールの値段
  26. 妻の葬式に全財産を投げ出しホームレスとなった男性。生きる希望を亡くした男性を救ったのは愛犬だった(アメリカ)
  27. 驚愕!この世に存在しない人物の顔をクリック一つで次から次へと生成するサイトが登場
  28. ニューヨークのネズミは猫にひるまない。なんならやってやんよ?で向かっていく
  29. デス・スターみたいやつ来た!球形のUFOがイギリス上空で目撃される
  30. 1月のベストペットたち~思わずニヤリとする光景、笑っちゃうシーンを詰め合わせでどうぞ(トカゲ出演中)
アクセスランキング