脳を食らう殺人アメーバ「フォーラーネグレリア」に関する6つの知識

    全体:0月:0週:0日:0

iStock-892853672_e

 脳を食う殺人アメーバ。SF作品の中のフィクションではない。実際に存在する「フォーラーネグレリア」のことである。

 フォーラーネグレリアに感染することは稀ではあるが、ときおり生じていることも事実である。

 つい先月も米テキサス州に住んでいた29歳の男性が、これによって命を落とした。犠牲者とならないために、ここで彼らについて知識を得ておくといい。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266117.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. トップはリンゴ。企業のブランド力を数字にした2018年ブローバルブランドランキング、トップ10が発表される
  2. 誰も私たちを引き離すことはできない。身を寄せあって外の世界で生きていた犬と猫、紆余曲折を経てようやく保護される
  3. 南極大陸の氷河に30キロもの亀裂が出現。まもなく崩壊し巨大な氷山が誕生する兆候(オランダ研究)
  4. モヤモヤする猫動画。エアなで2分30秒に君は耐えられるか?
  5. エイリアンの落とし物?金属っぽいけど触ってみるとふんわりソフトな謎の漂流物が発見される(アメリカ)
  6. あまり私を怒らせないほうがいい。あ? ああん?な猫
  7. 人間も動物たちもがんばっている。科学・技術・生物・宇宙界から15の良いニュース
  8. 通販サイトAmazonで初登場1位を記録!柿の種をふりかけにする機器「フリカキックス」が大人気の件
  9. また人に近づいてきた!ヒューマノイドロボット「アトラス」がジャンプしながら華麗なるパルクールを決める
  10. 彼女が、彼氏に誓わせた「絶対に守るべき22の約束」があまりにもゴーイングマイルールだとしてネットで同情の嵐
  11. 犬の早食い・食べ散らかしがあまりにもひどすぎたのでこんな対処法をしてみたところ...
  12. 光がまったく届かない地底で光合成細菌が発見される。予想外の生存メカニズムの発見で、火星生命体への期待度アップ
  13. 耳はごちそう。猫の耳をおいしそうに食べる猫
  14. 「地球外知的生命体を探す為の新たなるステップを踏み出した」NASAが宇宙人探査を本格再開
  15. いつだって僕らは元気いっぱい!愛犬たちに笑顔をもらおう。ゆかいなわんこの動画総集編
  16. 自分は吸血鬼ドラキュラの息子だと信じるルーマニアの男性。棺の中で眠り献上された血を飲む
  17. これは直で見てみたい!NASAの月面データを使った精巧な月のオブジェがぽっかり浮かぶ「月の博物館」
  18. 枠にとらわれない思考と創造力。ADHD(注意欠陥・多動症)の利点と向いている職業に関する研究(米研究)
  19. 世はまさに世紀末なのか?強盗に拳銃を突きつけられてもまったく動じない店員と客のいる店
  20. 何様かと思えば猫様だった。バスケットにどっしり鎮座し2匹の犬を車夫として使役する猫
  21. メス×メス、オス×オス。同性のマウスカップルから赤ちゃんを誕生させることに成功(中国)
  22. 引退した警察犬は新たなる使命を見つけた。それは猫を守りぬくこと。
  23. バーガーキングがAI(人工知能)に脚本を書かせたCMを公開。キングの扱いが残念なことに...
  24. この子たちいったいどこから来たの?柴犬ハル、自分のぬいぐるみにまみれる
  25. もし人間に寄生するタイプの地球外生命体がいるとしたらどんな生物なのだろう?人間はどうなってしまうのか?(※ゾンビアリ出演中)
  26. グーグルストリートビューで妻の浮気が発覚。ロマンチックなデートスポットで別の男性を膝枕していた件について
  27. 寝つきが悪い?眠りが浅い?もしかしたら寝る姿勢のせいかもしれない。試してみたい睡眠時のベストな姿勢
  28. 愛犬は本当に幸せなのか?専門家が教えてくれた、愛犬を理解するための10のチェックリスト
  29. ああ、感動のうまさかな。鶏肉の代わりに高野豆腐で作るから揚げレシピ【ネトメシ】
  30. 中高年の危険な飲酒。50代以上の人の4割以上が飲みすぎであることが判明(ニュージーランド研究)
アクセスランキング