なんと!AI(人工知能)が描いた裸婦画が世界的な芸術賞でグランプリを獲得。印象的な色使いと筆使いに高い評価。

    全体:0月:0週:0日:0

butchers_son_e
image credit:Lumen prize

 イギリス・ロンドンで授賞式の行われた第7回ルーメン賞(Lumen Prize)で、AI(人工知能)の描いた裸婦画が金賞に輝いたそうだ。

 世界的な芸術賞でAIによる作品がグランプリを獲得するのは初めてのことなのだとか。

 手掛けたのは国際的に評価の高いデジタルアーティスト、マリオ・クリンゲマンさんで、作品名は「ザ・ブッチャーズ・サン(The Butcher's Son)」という。

 マリオさんはこの作品を「人間という存在をニューラルネットワーク(神経回路網)として解釈したもの」だと説明している。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52265992.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 早歩きの人の方が、ゆっくり歩く人よりも最大15年長生きする可能性が示唆される(英研究)
  2. 何?エクササイズ?うちもやる!飼い主が踊っている後ろで猫も一緒に踊りだずの構図
  3. アメリカの異世界的光景が広がる地域を宇宙服を着て探訪するショートフィルム「Space to Roam」
  4. えっ、まさか生きていたの?決死の「死んだふり」でまんまとライオンから逃れたリカオン
  5. 歴史を象徴する5枚の有名な写真の真実。実はどれも捏造されていた。
  6. ポテチも食べられるしスマホも操作できる。専用デバイス「スマートポテトチップス」がついに登場!6月29日より販売開始
  7. 8時間で建てられる。組み立て式のハウスキットがアメリカのAmazonで販売中
  8. サクっと噛むと口の中でとろける!おいしい「ラング・ド・シャ」がオーブントースターで簡単に作れる!【ネトメシ】
  9. 嵐の中で出産し、びしょぬれになりながら子猫たちを大雨から守り抜いた母猫(アメリカ)
  10. 無脊椎動物で初。アシナガバチは論理的な思考ができることが確認される(米研究)
  11. 得する犬、損する犬。犬待望のおやつタイム。飼い主が順番におやつを与えるも、あれれ?なんか得してる犬が1匹いるぞ?
  12. 天界どうした?堕天使が落ちてきたと話題となっている動画(アメリカ)
  13. サーカスにいたゾウたち、リタイアを経て22年ぶりの再会。感動の再会に関する海外の反応
  14. 何度目の正直?またしてもヴォイニッチ手稿の解読に成功したとの報告。暗号ではなく古いロマンス祖語説(英研究)
  15. あなたが落としたのは金のハッピーターンですか?純金製のハッピーターンのプレゼントキャンペーンが始まってるよ!
  16. 「タコ様、こちらの物件はいかがでしょうか?」タコの家探しを手伝ったダイバー。最適の物件(貝殻)が決まってタコ満足
  17. 6年間、歩くことのできない病を抱えた同級生を背負い、学校に通い続けた小学生(中国)
  18. 長年かわいがっていた愛犬を失い心を痛めていた父親に家族がある物をプレゼント。溢れる思いに涙ぐむ父親(アメリカ)
  19. AI(人工知能)が更に人間に近づいた?人間のような数の感覚を自ら発達させる(ドイツ研究)
  20. 消えた?だと?カード飛ばしトリックに混乱する猫のキョトン
  21. 230年前の岩に刻まれた暗号文を解け!解読者には懸賞金(フランス)
  22. 「ほら、気をつけないとダメでしょ?」道路に迷い込んだナマケモノ、通行人に抱きかかえられ所定の位置に
  23. 犯罪の厳罰化は本当に犯罪抑止につながるのか?アメリカの場合
  24. きれいな食べ方ができない。クチャラー・汚い食べ方をしてしまう人の為の鼻フックカーテン(アイディアグッズ)
  25. バチカンで開講されたエクソシスト養成講座。今年は他教派も参加OKとなり内部から反発の声も。
  26. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第40回:猫もいいけど犬もいい。飼い犬との思い出
  27. 仲間の猫が交通事故に。その亡骸を入れた箱の前で悲しみの鳴き声を上げる猫
  28. 「猫は完全室内飼い」「吠える犬は撤収し飼い主を処罰」西オーストラリア州で新たな法律の導入を検討
  29. その手を止めるな!子供たちがなでるのをやめると、ジェスチャーで猛アピールするキツネザル
  30. 人間の耳の中に巣をつくってきたクモ。病院で耳に水を流し込んだところ、トコトコと出てくる様子(※クモ出演中)
アクセスランキング