火事の煙で心肺停止になっていた猫に酸素ボンベで救命処置。危機一髪でその命を救ったロシアの消防士たち

    全体:0月:0週:0日:0

top

 建物の火事といえば、燃え広がる炎だけでなく中毒や窒息を招く煙も恐ろしいといわれているが、ロシアのアパートで、火事に巻き込まれたのは猫だった。

 煙を吸い込んでしまった猫は心肺停止状態に陥っていた。そこに駆け付けたのが消防士たちである。

 彼らはその場で懸命な処置を施し、猫は危機一髪で息を吹き返したのだ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266127.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. バナナで釘が打てるくらいだもの。南極の野外で食事をしようとするとすべてが食品サンプル化する件
  2. オーストラリアにあるアメリカ大使館が誤爆!架空のパジャマ猫パーティーの招待状を一斉送信しちゃった件
  3. 一度信じてしまった情報を訂正するのは難しい。だが繰り返して正しい情報を共有することで訂正可能となる(米研究)
  4. トライバルな要素に異文化や生物を融合させ新たなる文脈を作り上げたレザーマスクアート作品「Tribal Remix」
  5. 究極のインプリンティング(刷り込み)効果か?どこにいってもパタパタついてくる。21羽の鳥を我が子として育てる男性
  6. 死後10分以上脳が活動している人がいる。死後体験には個人差があることが脳波検査で判明(カナダ研究)
  7. ごみ箱から保護された白い猫は耳が聞こえなかった。大きな鳴き声で自分の存在を伝えるよ
  8. リアルな古代世界には女戦士がたくさんいた。その歴史を検証する。
  9. 着る勇気。岩下の新生姜になりきれる「岩下の新生姜Tシャツ」が間もなく販売スタート!
  10. うちのおばあちゃんがウォルト・ディズニーと握手してるんだけど。1956年に撮影されたディズニーランドの貴重な映像
  11. 最強にうまい食べ方!ローソンのプレミアムロールケーキの「クリーム」とセブンイレブンの「生カスタードプリン」が神合わせ
  12. 今度はオーストラリアで。同性愛ペンギンカップル、愛情深くダミーの卵ちゃんと育てられることを証明して本物の卵が与えられる
  13. 新たに承認された皮膚炎治療薬に思わぬ発毛効果。全頭性脱毛症の少女の髪の毛が劇的に生える(米研究)
  14. ドクロのような屍の小惑星「2015 TB145」が2018年11月頃、再び地球に接近
  15. 耳毛キュートなワイルドキャット「カラカル」の子猫。お腹がすいたときの鳴き声のピキピキ感がすごい(要音声)
  16. 1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ
  17. いったいどこからやってきたの?屋上に住みついた猫の母子救出作戦
  18. アインシュタインの残した有名な「神の手紙」がオークションに出品される。天才物理学者の考える神とは?
  19. 例え浮気の疑いがあっても法律違反。許可なく夫のスマートフォンを盗み見たとして妻が刑務所行きに(アラブ)
  20. フラッシュはいくつどこに見えた?脳が過去を予測して現在の感覚に影響を与える「ポストディクション」錯視
  21. トップはリンゴ。企業のブランド力を数字にした2018年ブローバルブランドランキング、トップ10が発表される
  22. トップはリンゴ。企業のブランド力を数字にした2018年グローバルブランドランキング、トップ10が発表される
  23. 誰も私たちを引き離すことはできない。身を寄せあって外の世界で生きていた犬と猫、紆余曲折を経てようやく保護される
  24. 南極大陸の氷河に30キロもの亀裂が出現。まもなく崩壊し巨大な氷山が誕生する兆候(オランダ研究)
  25. モヤモヤする猫動画。エアなで2分30秒に君は耐えられるか?
  26. エイリアンの落とし物?金属っぽいけど触ってみるとふんわりソフトな謎の漂流物が発見される(アメリカ)
  27. あまり私を怒らせないほうがいい。あ? ああん?な猫
  28. 人間も動物たちもがんばっている。科学・技術・生物・宇宙界から15の良いニュース
  29. 通販サイトAmazonで初登場1位を記録!柿の種をふりかけにする機器「フリカキックス」が大人気の件
  30. また人に近づいてきた!ヒューマノイドロボット「アトラス」がジャンプしながら華麗なるパルクールを決める
アクセスランキング