耳はごちそう。猫の耳をおいしそうに食べる猫

    全体:0月:0週:0日:0

0_e1

 そこにおいしさが詰まっていたのだろうか?

 やみつきな感じで猫の耳をおいしそうに食べる猫と、食べられている猫のコントラストが実に絶妙なGIF動画だ。

 一部分をループさせたGIF動画なので実際にどれくらい食していたのかは知らぬ存ぜぬだが、食べられている方の表情も見ながら見ていこう。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266274.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 今日はいいことあるかも!公共交通機関で犬に出会った瞬間のほっこり感ったら!
  2. 右利きは戦闘も交尾も有利。コウイカの利き手の世界(フランス)
  3. 宿題終わるまではスマホなしな。少女の宿題を監視する犬(中国)
  4. その男は恐怖と共に現れ体が動かなくなる。ほぼ世界中の人が共通して見る悪夢「帽子男」の正体は?
  5. 廃墟探検中の男性の前に一匹の野良犬が現れた。水の中で困っていた仲間の犬の救出劇
  6. 科学的にあり得る可能性が高い、10種の地球外生命体
  7. 脳の保護液の作用を模倣。革新的な自転車用ヘルメットが誕生
  8. 泊まってみたらヤバかった。世界14の「問題あり」なホテル
  9. 経験したい!透明のボートにのってエイの大群に遭遇するという海ロマン!(アメリカ)
  10. 家庭科の調理実習の味!フライパンで簡単に焼けるパイナップルケーキの作り方【ネトメシ】
  11. 保護施設の犬、配達員にロックオン。車に飛び込み飼い犬となる(アメリカ)
  12. え?もう春?年を取ると月日が経つのが早く感じる理由(米研究)
  13. 中に人入れるかな?ロブスターの巨大な爪と人間の手の比較写真
  14. イタリアの古代都市遺跡「ポンペイ」の壁や通りのあちこちに石造りの息子スティックが。いったいなぜ?
  15. おじいちゃん、おばあちゃん、いらっしゃい!マラミュートたちの大歓迎っぷりったら!
  16. 絶滅したタスマニアタイガー(フクロオオカミ)の皮膚DNAから種を救い出せるかもしれない
  17. 食用マグロ6匹に1匹はインドネシア産。マグロ漁獲国世界一のインドネシア。その半分がアメリカ、4分の1が日本へ。
  18. うっかりしすぎてた!赤ちゃん置き忘れて飛行機に乗った母親。飛行機が空港に引き返す事案(サウジアラビア)
  19. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第25回:猫を多頭飼いしてるとコタツまわりが楽しい、他
  20. 顔の中心で愛を叫ぶ。鼻にハートを持つ奇跡のダルメシアン(アメリカ)
  21. 全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)
  22. 高性能なねこじゃらし?それとも自動ビンタマシーン?犬の尻尾に翻弄される猫
  23. 今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される
  24. そろそろ眠くにゃっちゃった。ふかふかゴールデンをベッドにしておやすみなさいの猫
  25. 7人に1人は経験する。パニック発作(不安発作)が起きた時の対処法
  26. 13歳で史上最年少の心理学者となったメキシコの天才少女。17歳でハーバード大学、大学院に進学
  27. 赤ちゃんが歩くのを学ぶのと同じように歩き方を自己学習するAIロボットレッグ(米研究)
  28. 「今から全員人質だ。誰も生きて出られない」運転手がスクールバスに放火するも警察が全員を救出(イタリア)
  29. 氷に翼がくっついて動けなくなってしまったハクトウワシの救助物語(アメリカ)
  30. 第六感なのか?一部の人間の脳は地球の磁場を感じることができる(米研究)
アクセスランキング