1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ

    全体:0月:0週:0日:0

poster1

 一昔前では考えられないほどインターネットが浸透し、日常生活になくてはならないものとなった。猫も杓子もデジタル化され、紙などの物理的なメディアは時代遅れの感すらある。

 今や新聞をとっている人も少なくなった。新聞広告をチェックして映画を観に行ったり、コンサートに行ったりする人も減少しているだろう。

 しかし1980年代、新聞は第一線の貴重な情報の宝庫だったのである。

 多種多様な情報が取り上げられており、アメリカの場合にはホラー映画ファンにとって見逃せないものもあった。今よりもコンプライアンスが緩かったしね。

 愛すべきチープなデザインのB級ホラー映画の広告は、カラー版じゃないあたりが恐怖レベルをアップさせているのである。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266073.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 壊れた?ダクトテープがあればOK!アメリカ人、壊れたものはとりあえずダクトテープで修理する説
  2. 大都市の小さなワンルームのアパートでオオカミと同じ部屋に住むロシア人男性
  3. 猫は人の視線を読み、それを手掛かりに行動している(ハンガリー研究)
  4. なにこの触手!西オーストラリアの海岸で発見されたこの生き物の正体は?
  5. 南極の下で失われた大陸の名残りが発見される(ドイツ・イギリス研究)
  6. シーツの上、いきたい。にこにこする赤ちゃんと背中を引っ張る犬
  7. 世界初。スコットランドの学校でLGBTI(性的少数者)の授業を義務化
  8. SF的未来感!宇宙植物「マイセリウム」風の菌糸彫刻が施された3Dプリンターで作られた靴
  9. こういうの好き!週末の48時間で高速道路の下に70メートルのトンネルを作る工事を早回しで
  10. 中が丸見えだけど森の中だから大丈夫?森の中に建った大きな木を囲む円筒形のガラス張りの家
  11. オフィス猫として勤務していた盲目の猫、会社が倒産し失業するも最高の飼い主が見つかる(アメリカ)
  12. 2062年までにAIロボットが、発明や芸術分野で人間の創造性を追い越す可能性が示唆される(オーストラリア研究)
  13. カワウソ2匹にストーカーされぎみなトラの子、タジタジの構図。
  14. メダカの学校ならぬサメの大学校!過去最大規模のクログチヤモリザメの産卵場所が発見される(アイルランド)
  15. お腹いっぱいご飯を食べてね!1度に2匹の捨て犬を保護した日~Hope For Paws
  16. 古代ピラミッドの墓の中から数十体の猫のミイラが発見される。他にもスカラベなど珍しいミイラが続々と
  17. 良い歳を取り方をしていらっしゃる。ローリング・ストーンズのメンバーの顔の変化をモーフィング映像で(1962-2018)
  18. 嫌な予感しかしなかったけど、予想以上にひどかった。なぜそれ以上火が必要だったのかっていうね...
  19. 決め手は神配合。絶対に失敗しない「スペキュラース・クッキー」の作り方【ネトメシ】
  20. 引っ越しの時に置き去りにされた犬が、もう一度人と共に第二の犬生を望むまで(アメリカ)
  21. 不思議の国のアリスの世界かな?キノコにバクテリアを3Dプリンターで印刷することで発電キノコが誕生(米研究)
  22. 割とスパルタ?猫のお父さん、子猫に木登りを教えて、いるのか?
  23. トップシークレットだったアメリカの軍事基地か?グーグルアースの衛星画像に写る謎のオブジェクトの正体は!?
  24. 「ママ?ママ?」狩ってはみたけれど……。自分に甘えてくるヌーの赤ちゃんを守るメスライオン
  25. モノクロ時代の古写真を次々とカラー化していくプロジェクトがインスタグラムで公開中
  26. ガチだった。高級ブランド、イヴ・サンローランが息子スティック型ジュエリーを販売中
  27. 子育ては大変だわ。駐車場のシャッターを開けるのすら大惨事になるということがわかる監視カメラ映像
  28. 全てはピザの為。イタリアの物理学者が「完璧なピザ」を焼くための数式を生み出す。その温度と時間は?
  29. 怖いもの知らずのラーテル。ライオンに果敢に立ち向かっているところを激写
  30. 触覚の不思議。人は不確かな情報をもっと良く知ろうとするとき、目で見るより触った感覚を信用する傾向にある(ドイツ研究)
アクセスランキング