1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ

    全体:0月:0週:0日:0

poster1

 一昔前では考えられないほどインターネットが浸透し、日常生活になくてはならないものとなった。猫も杓子もデジタル化され、紙などの物理的なメディアは時代遅れの感すらある。

 今や新聞をとっている人も少なくなった。新聞広告をチェックして映画を観に行ったり、コンサートに行ったりする人も減少しているだろう。

 しかし1980年代、新聞は第一線の貴重な情報の宝庫だったのである。

 多種多様な情報が取り上げられており、アメリカの場合にはホラー映画ファンにとって見逃せないものもあった。今よりもコンプライアンスが緩かったしね。

 愛すべきチープなデザインのB級ホラー映画の広告は、カラー版じゃないあたりが恐怖レベルをアップさせているのである。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266073.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 猫の母性は種族を超える。木から落ちたリスの赤ちゃんを2匹とも保護したのは猫!熱心に育児をする(アメリカ)
  2. 社会的な疎外感がテロリズムを生む。それは脳を見れば分かる(英研究)
  3. ストリートミュージシャンの一番のファンは4匹の子猫たち。目の前に座って演奏のおねだり(マレーシア)
  4. あのかわいらしい鳥に一体何が?シジュウカラが他の鳥を襲い脳を食べていたことが確認される(英研究)
  5. 破壊力マックスの可愛さよ!すやすやおねむの子犬の寝顔に癒されたい人集まれ!
  6. 世界で悪名を馳せた5人の犯罪者とその愛車
  7. ナマケモノやオランウータン、ホッキョクグマのハンモックやカウチソファがかわいすぎて人をダメにしそう!
  8. おいしいだけじゃない、健康効果も。ダークチョコレートを食べることで得られる6つのメリット
  9. 中国の男性ファッショントレンドは腹だし?「北京ビキニ」なるものが流行っている件
  10. 車にひかれてしまった犬の隣に座り、救急部隊がくるまで言葉をかけながら励まし続けていた警官の姿(アメリカ)
  11. 最強の衛生兵はウジ虫なのかもしれない。戦争地帯で負傷した兵士の傷の治療にウジ虫が導入される予定(ギリス・アメリカ・オランダ)
  12. 最強の衛生兵はウジ虫なのかもしれない。戦争地帯で負傷した兵士の傷の治療にウジ虫が導入される予定(イギリス・アメリカ・オランダ)
  13. 自転車をこいでいる夢を見ているらしい猫
  14. これが月の裏側だ!中国の月面探査機「嫦娥4号」が送ってきた最新版、月の裏側の映像
  15. Animal Aid~たくさんの奇跡と笑顔をありがとう!10のレスキューシーンと2018の活動報告
  16. またしても...宇宙の深淵から高速電波バーストを13回確認。その謎に迫れるかも。(カナダ研究)
  17. ジューシーな肉の角煮に見えるだろ?でも食べたら歯が折れるんだぜ。台湾の国立故宮博物院にある鉱物の彫刻
  18. 遺伝子編集で唐辛子のようにピリっと辛いトマトを作り出す試み(ブラジル・アイルランド共同研究)
  19. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第6回:出会いと別れ、更なる出会い
  20. オンリーカナダ?40頭ものアザラシが町のあちこちに出没中
  21. 年がわからなければ腸に聞け!腸内細菌を見ればその人の年齢をピタリと割り出せるらしい(米研究)
  22. ちがう!そうじゃない!犬に頭を撫でられブチ切れる猫
  23. エリア51の地下に何があるのか?Google Earthで発見されたエリア51付近にある巨大な穴の正体は?
  24. 冷たい雨の日にカフェの軒先にいた野良犬。トルコで野良犬にやさしさを示した女性がいた。
  25. 未来に人間の不死は実現するのか?異星人にも寿命があるのか?人間は今後どのように進化していくのか?
  26. 体に鉛筆の芯が埋まってるやつちょっと来い!ツイッターで呼びかけたところ、いろんな所に埋まってるやつが・・・
  27. 猫飼いならではの方法で小包泥棒に鉄拳を!荷物の中に猫のフンを仕込んでみたところ、釣れた!(アメリカ)
  28. ダイエット効果、アンチエイジング効果も期待!おいしくて体が喜ぶ、焼かずにできる「ココナッツスノーボール」【ネトメシ】
  29. ケージに閉じ込められた状態で生死をさ迷っていた猫の救出物語(アメリカ)
  30. 男女が平等な国ランキング。新たな指標によると女性の方が有利な国が多いという調査結果(英米共同研究)
アクセスランキング