1980年代のB級恐怖映画の新聞広告はモノクロだから恐怖度アップ

    全体:0月:0週:0日:0

poster1

 一昔前では考えられないほどインターネットが浸透し、日常生活になくてはならないものとなった。猫も杓子もデジタル化され、紙などの物理的なメディアは時代遅れの感すらある。

 今や新聞をとっている人も少なくなった。新聞広告をチェックして映画を観に行ったり、コンサートに行ったりする人も減少しているだろう。

 しかし1980年代、新聞は第一線の貴重な情報の宝庫だったのである。

 多種多様な情報が取り上げられており、アメリカの場合にはホラー映画ファンにとって見逃せないものもあった。今よりもコンプライアンスが緩かったしね。

 愛すべきチープなデザインのB級ホラー映画の広告は、カラー版じゃないあたりが恐怖レベルをアップさせているのである。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52266073.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 人間の頭蓋骨に宝石でモザイクが施されたアステカ族の宗教的装飾品
  2. ペットホテルで飼い主の帰りを待っていた分離不安症を抱える犬、感動の再会で見せた満面のスマイル
  3. ナイル川で発見された沈没船が、古代ギリシアの歴史家「ヘロドトス」の歴史書の正しさを証明(エジプト)
  4. 座るだけで背中を掻いてくれるし頭と足をマッサージしてくれる。ピタゴラ的マッサージチェア
  5. これがヘドバンウェーブか!大人数のヘッドバンギングで柵がきしむたわむ壊れるぅ!(アメリカ)
  6. ATMで女性から現金を奪おうとした強盗。だがしかし・・・預金残高を見て奪った現金を返しそのまま立ち去る(中国)
  7. またしてもヒゲメンと猫!昼寝していたらお腹の上で野良の子猫が寝ていた。愛おしすぎてそのまま家族に(オーストラリア)
  8. アメリカで新たな動物保護法案が提出される。虐待者には最大7年の懲役
  9. ハクトウワシの入浴シーンがド迫力ダイナミック!
  10. 地球に一番近い惑星は何?金星ではなく、水星かもしれないという説(米研究
  11. メインクーンのタイタスさん、お気に入りの場所を離れたくなくてニャアニャア鳴く
  12. 捕食獣、ピューマの食べ残しが森林の生態系を育んでいた(米研究)
  13. 桜の花びらがモチーフ。開くとぱっと花が咲く「桜和傘」が4月1日より販売開始
  14. 日本は厳守、ベトナムは柔軟、インドの場合は・・・同じアジア圏でも国によって違う時間の感覚
  15. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第24回:猫たちの名前ってどうやって決めたの?
  16. 留守中、愛犬が寂しがらないように。自分の身代わりとなるマネキンを用意した飼い主
  17. 恐竜や宇宙など、特定のテーマに強い興味を抱く子供は賢くなるという研究結果(米研究)
  18. 猫ちゃんが小屋に閉じ込められちゃった!ウサギフレンドの穴掘り救出大作戦(スペイン)
  19. エイリアンの仲間かな?オーストラリアで謎の水中生物が捕獲される。その正体は?
  20. 犬界初か。登山隊にくっついて、ヒマラヤにある山を登った犬のメラ(※追記あり)
  21. 犬界初か。登山隊にくっついて、ヒマラヤにある山を登った犬のメラ
  22. 地球に空いた巨大な穴をのぞきにいこう。ロシアにあるダイヤモンド採掘穴「ミール鉱山」を訪ねて
  23. スティーブン・ホーキング博士の没後一周忌。その功績を讃える記念コインが発行される(イギリス)
  24. これどんなドタバタコント?二人組泥棒のポンコツすぎる犯行現場が監視カメラ映像にとらえられていた(アメリカ)
  25. ゴミ拾いビフォア・アフターが世界的に流行っているけども、一方日本では?海外で話題となっていた
  26. すごく巨大です。オオカミの血を色濃く残すウルフドッグ。一緒に写った女性との大きさ比較(アメリカ)
  27. たった5分だけでいい。小さな公園でも良い。自然に身を置くことで気分が晴れる(カナダ研究)
  28. のどかかな。羊を監視中の犬、うとうとしちゃってお昼寝タイム
  29. タコも夢を見るのか?眠っている間に体の色を変化させるタコの貴重な映像
  30. そこにはたくさんの物語と愛があった。トルコ人ピアニストのサーパーさんと愛猫たちの軌跡
アクセスランキング