究極のインプリンティング(刷り込み)効果か?どこにいってもパタパタついてくる。21羽の鳥を我が子として育てる男性

    全体:0月:0週:0日:0

2

 鳥、特にカモなどのヒナが、卵から孵化して最初に見た「動くもの」を「親」であると認識し、その後ろをついて歩く。みなさんよくご存知の刷り込み(インプリンティング)という現象だ。

 通常なら、ヒナが最初にその姿を目にし、その声を耳にするのは実際の「親」だ。そこで、子育て中の鳥の一家は母鳥の後ろを行列をつくって必死についていくことになる。

 また、何らかの理由で「親」がいない場合などには、種が異なっても刷り込みは起こるようだ。例えばそれがとかでもね。

 では、例えば最初に見たものが人間だったら?

 それでもやはり刷り込みは起こるのである。なんと21羽ものヒナの親代わりとなったおじさん。おじさんが歩くとヒナたちも一斉についてくるのだ。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52265744.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. それにしてもこのハト、ノリノリである。ストリートミュージシャンの演奏に合わせて踊るハト
  2. タランチュラの赤ちゃんが生まれたよ!卵嚢の中で約1000匹が元気いっぱいにうごめいているよ(※クモ出演注意)
  3. チンチラの赤ちゃん、はじめての砂浴び。そこに先輩チンチラがやってくるよ
  4. タイムトラベルの実現に近づいたのか?ブラックホールを利用したワープ航法で光速より速く移動できる(米研究)
  5. 海の中の生き物探しが楽しい!イルカ・サメ・アザラシ・カメが今どこを泳いでいるかリアルタイムで追跡できるサイト
  6. アメリカ人のほぼ半数が自分の血液型を知らないという事実
  7. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第8回:猫のゲボに役立つライフハック
  8. 開いた!眼が開いた!ホッキョクグマの赤ちゃんの眼が初めて開く瞬間を記録したおめでたい動画(ドイツ)
  9. 大きな息子スティックを持つヤドカリほど、上等な貝殻を身につけている。その理由とは?(米研究)
  10. やはりニューヨークだったか。木の上で春巻きを食べるリスがネットミームに(アメリカ)
  11. こ、これは・・・数千匹が合体したり分裂するトランスフォーマーなブラックワーム(※ワーム大量出演中)
  12. ゴールデン・レトリバーのマックス、全身で雪遊びを楽しむ
  13. すごく、大きいです...CIAのスパイがお尻に入れて隠し持っていた直腸挿入型の脱出用ツールキット(アメリカ)
  14. ジーンズの多様化が止まらない。2019年に流行るかもしれない「左右非対称ジーンズ」
  15. 海の生き物を守るため、ビール会社が食べられる飲料缶6パック用の梱包剤を開発(アメリカ)
  16. 比べてみると違いがわかる!人・動物・自然などなど、20のモノを比較した面白画像
  17. この膝はオレのもの。常にお父さんの膝の上にのり、絶対に離れようとしない猫
  18. 枯れちっち。史上初の月面で発芽した植物が枯れてしまった件。寒すぎる月の夜が原因
  19. 猫と子供のドリームチーム結成!ニャイスコンビネーションでドアを開けることに成功!
  20. フライングヒューマノイドみたいな?何かを抱えてながら空飛んでる黒い人影のような浮遊物体が目撃される(ニュージーランド)
  21. ピンポーン、荷物をお届けにあがりました!可愛いサモエドの配達犬さんがやってきた
  22. 現在のアメリカで、高学歴(大卒)じゃなくても年収1千万円以上を得られるチャンスがある12の職業
  23. 媚薬入りポテトチップスがバレンタイン限定で販売される件(イギリス)
  24. 頭をふると見えてくる!この中に何が隠れているでしょうか?
  25. シンプルだがそれが良い!なんにでも合うアメリカンスタイルの薄いパンケーキを作ってみよう【ネトメシ】
  26. シンプルだがそれが良い!なんにでも合うアメリカンスタイルの薄いパンケーキを作ってみよう【ネトメシ】
  27. 背高のっぽでフサフサで。大型犬、アイリッシュウルフハウンドの魅力をぎゅっと集めてみた。
  28. 男性は過去に経験した痛を記憶しストレスを受けるが、女性は過去の痛みからストレスを受けない(カナダ研究)
  29. うっとりするほどラブリー。猫に毛づくろいをされ、うれしくて尻尾のフリが止まらない犬
  30. 銀河のような目を持つカエルのロミオ。種最後の生き残りと考えられていたが10年後、ついにジュリエットと巡り合える
アクセスランキング