こいつはとんだカラスだぜ。大半の人がカラスとして処理しまったけど実は黒猫だった件

    全体:0月:0週:0日:0

00

 かつてネットを混乱におとしいれた「ドレス騒動」は、人によって異なる色にみえるまぎらわしい画像だったが、最近これに負けずとも劣らない新手の画像が大反響を呼んでいる。

 パッと見はカラスのように見える。「あ、カラス」ねっと通り過ぎようとしたが、振り向きざまに「あれ?」ってなる。

 そう。実はこれ黒猫なのだ。

 上のサムネイル画像はちょっと加工が施されているが、
 実際の画像はこの後すぐ!
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52267259.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. トルコはやっぱ猫の国。イスタンブールの歩道に鎮座する人々と通行人たちの様子を早回しで
  2. 魚や水鳥が減っていると思ったら・・・イギリスの湖でピラニアの死骸が2匹発見される。
  3. 猫が氷という物質について学んでいたところ、氷大好きなハスキーが動いた奪い愛の瞬間
  4. 音から色を感じることができる「共感覚(シナスタジア)」は誰もが持っている能力なのかもしれない(米研究)
  5. AI(人工知能)がデスメタルを作成。AIが作り出した魂の叫びがYOUTUBEでライブ配信中!
  6. 自然と巨大生物を一体化させた、シュールでダークなフォトアート
  7. 世界はまだまだ捨てたもんじゃない。盲目の母親の為に超音波の赤ちゃんを3Dプリントで立体化した医師
  8. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第34回:甘えん坊のぐんて号。撫でてほしくて手を求めてハンティング
  9. ん?愛玩用?ペットとして?ミサゴが巣に持ち帰ったものが予想外すぎた。なんとサルのぬいぐるみ!(アメリカ)
  10. お酒を飲むと小腹が減るのはなんでだろう?(米研究)
  11. ライオンの父がいる。トラの母がいる。そしてライガーがここにいる。
  12. レオナルド・ダ・ヴィンチは航空写真もない時代、いかにして正確な街の地図を描き上げたのか?(イタリア)
  13. 何にしよう、何をあげよう?いつも助けてくれる介助犬の誕生日。好きなオモチャを選んでもらうことにしたところ・・・
  14. 何にしよう、何をあげよう?いつも助けてくれる介助犬の誕生日。好きなオモチャを選んでもらうことにした
  15. オウムアウア以前に恒星間天体が地球に衝突していた!?(ハーバード大学研究者)
  16. 参加してみないか?大富裕層が開催するバトルロワイヤル形式のサバゲー、優勝賞金はなんと約1460万円!
  17. 老人ホームで安心して暮らせるように。居室のドアを自宅のドアと同じ模様にできるドア装飾シートが注目を集める(オランダ)
  18. 大人の階段を早くのぼりたかった2人の子供が驚きの姿に変貌!
  19. おじいさんのかわいがっていたペットのネズミが盗まれた!?町の人々が協力し大捜査網。その結果・・・(オーストラリア)
  20. 我慢ばかりの食事制限は逆効果。体の声に従って食事をしたほうが健康に良いとする説
  21. 催眠術かな?カラカルが耳の房毛を器用に動かしてるぞ!
  22. 2082年からやってきたという自称「タイムトラベラー」が自ら撮影した恐竜の写真を公開
  23. ここがボクの居場所なんだ!キャビンアテンダントのお姉さんが大好きな保護犬のお話
  24. 死後4時間が経過したブタの脳の細胞機能を再び回復させることに成功(米研究)
  25. ケンタッキーの公式サイトがカーネルおじさんをコンピュータ生成。超絶美化されて無視できないレベルへ
  26. 野菜を包むビニール袋をバナナの葉に変更。プラスチックゴミ削減を目指すタイやベトナムのスーパーの試み
  27. かわいいしうまい!材料3つでできる、濃厚で本格的なクマ生キャラメルのレシピ【ネトメシ】
  28. 手術を終え退院し自宅で眠る男性をいたわるように寄り添う猫。でも飼い猫じゃなかった件にネットが騒然!
  29. ホホジロザメが最も恐れているシャチ。その姿をみただけでビビって退散してしまうことも(米研究)
  30. ゴネるハスキー「ハスゴネ」はまだまだ続く。公園から帰りたくないハスキーのゴネっぷりをご堪能ください
アクセスランキング