建物から炎がボワッっと噴射!バックドラフト爆発現象の恐ろしさがわかる実験映像

    全体:1月:0週:0日:0

1_e

 火事は本当に怖い。激しい音を立てメラメラと燃える炎の迫力は恐ろしくもあるが、惹きつけられるものもある。

 だが火災現場を見に行くのはやめておいた方がいい。十分距離をとっているつもりでも、バックドラフト現象が潜んでいるからだ。


 バックドラフト現象とは、一酸化炭素ガスが溜まった建物の窓やドアを開くことで、一気に酸素が取り込まれ、激しい爆発を引き起こす現象のことを言う。

 その恐ろしさがわかる実験映像が公開されていた。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52267453.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. つい物事を先延ばしにしてしまう人。その習慣はマインドフルネスで改善することができるという研究結果
  2. 人がすれ違えないほど狭いので信号が設置された、チェコ・プラハで一番細い道
  3. 口角がきゅんっと上がって極上のキャットスマイル。笑顔が魅力の保護猫「チューリップ」の物語(カナダ)
  4. 1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)
  5. 1個じゃ足りない、2個でもまだだ。どうしても3個欲しいんじゃい!よくばりリスのがんばりがわかる動画
  6. 突然激しい頭痛に襲われ意識不明に。目覚めると過去38年間の記憶が失われていた女性(アメリカ)
  7. 犬の母性は天井しらず。凍える夜に野良犬が抱いていたのは、自身の子犬と人間の赤ちゃんだった
  8. 夢に見たことが、目が覚めている時に脳内で再現される現象「デジャレヴ」とは?その謎を探る(フランス研究)
  9. 使徒ラミエルみたいなことに!?5次元キネティックアート「スクウェアウェーブ」スピナーが販売決定だしマジで欲しい!
  10. アメリカのある都市で顔認証システムの禁止が可決された理由
  11. 「妻のいる家に帰るぐらいなら刑務所に入りたい」そうして男は高速道路を暴走し無事(?)逮捕される(アメリカ)
  12. 戦場に取り残された動物園の動物たちを救うため、危険地域を飛び回る日々を送るヨルダンの獣医師たちの物語
  13. 早歩きの人の方が、ゆっくり歩く人よりも最大15年長生きする可能性が示唆される(英研究)
  14. 何?エクササイズ?うちもやる!飼い主が踊っている後ろで猫も一緒に踊りだずの構図
  15. アメリカの異世界的光景が広がる地域を宇宙服を着て探訪するショートフィルム「Space to Roam」
  16. えっ、まさか生きていたの?決死の「死んだふり」でまんまとライオンから逃れたリカオン
  17. 歴史を象徴する5枚の有名な写真の真実。実はどれも捏造されていた。
  18. ポテチも食べられるしスマホも操作できる。専用デバイス「スマートポテトチップス」がついに登場!6月29日より販売開始
  19. 8時間で建てられる。組み立て式のハウスキットがアメリカのAmazonで販売中
  20. サクっと噛むと口の中でとろける!おいしい「ラング・ド・シャ」がオーブントースターで簡単に作れる!【ネトメシ】
  21. 嵐の中で出産し、びしょぬれになりながら子猫たちを大雨から守り抜いた母猫(アメリカ)
  22. 無脊椎動物で初。アシナガバチは論理的な思考ができることが確認される(米研究)
  23. 得する犬、損する犬。犬待望のおやつタイム。飼い主が順番におやつを与えるも、あれれ?なんか得してる犬が1匹いるぞ?
  24. 天界どうした?堕天使が落ちてきたと話題となっている動画(アメリカ)
  25. サーカスにいたゾウたち、リタイアを経て22年ぶりの再会。感動の再会に関する海外の反応
  26. 何度目の正直?またしてもヴォイニッチ手稿の解読に成功したとの報告。暗号ではなく古いロマンス祖語説(英研究)
  27. あなたが落としたのは金のハッピーターンですか?純金製のハッピーターンのプレゼントキャンペーンが始まってるよ!
  28. 「タコ様、こちらの物件はいかがでしょうか?」タコの家探しを手伝ったダイバー。最適の物件(貝殻)が決まってタコ満足
  29. 6年間、歩くことのできない病を抱えた同級生を背負い、学校に通い続けた小学生(中国)
  30. 長年かわいがっていた愛犬を失い心を痛めていた父親に家族がある物をプレゼント。溢れる思いに涙ぐむ父親(アメリカ)
アクセスランキング