触覚の不思議。人は不確かな情報をもっと良く知ろうとするとき、目で見るより触った感覚を信用する傾向にある(ドイツ研究)

    全体:0月:0週:0日:0

hands-1637547_640_e

 人は、目の前にあるものをもっと良く知りたいと思ったらどうするのか?それを指先で触れることで、現実感を得ようとする傾向にあるという。

 ドイツ・ルードヴィッヒ・マクシミリアン大学(LUM)の哲学者たちが、触覚という特殊な能力について研究している。

 美術館では毎年、多くの鑑賞者が作品に触るせいで、そのダメージを修復する費用を負担している。

 どうして人は、作品をもっとよく見ようとして触りたがるのだろう? 視覚では得られない触覚の妙とはなんなのだろうか? 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52267443.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 「おいアレクサ!その曲はやめろ!」フランクシナトラの曲を流すと停止命令をするヨウム(アメリカ)
  2. クロスワードパズルには強力な脳の老化防止効果がある(英研究)
  3. 保護施設で里親を待っている間、犬や猫たちは何をしているんだろう?施設スタッフなどが撮影した動物たちの写真
  4. 17世紀のイギリスで軽犯罪を犯した者に行われていた「指ロック」の刑とは?
  5. 世に覇者はひとり!スイカを抱えてぶちぎれる猫の表情に関する海外の反応
  6. 対物性愛は共感覚と関連性が?「浮き輪のおもちゃ・石橋・自由の女神」人外に恋した3人の物語。
  7. 本の中には毒草や瓶がいっぱい!秘密の暗殺キットのようなミステリアスな隠し本が販売中
  8. 時にキョンシーのごとく。重力の少ない月面で作業するのは超大変なんだから(宇宙飛行士)
  9. セレブ聖人「キアヌ・リーブス」の新たなるエピソードがツイッターで話題に
  10. トルコで出会った仲良し猫ズはぎゅっと寄り添ってツーショット!猫と地元の人々との触れ合いを楽しんだ男性の旅行記
  11. トルコで出会った仲良し猫ズはぎゅっと寄り添ってツーショット!猫と地元の人々との触れ合いを楽しんだ男性の旅行紀
  12. 遺伝子とうつ病に関する新しい研究で、過去1000本分の研究結果はまったくの無駄だった可能性が!?(米研究)
  13. ゲートからの脱出を試みるチワワの七転八倒。その奮闘をしり目にシレーっと脱出できてしまったもう1匹の犬
  14. 巨大キリストが降臨か?空に浮かび上がった白く輝く巨大なヒトガタ(アルゼンチン)
  15. 森の中で静かなひと時。愛犬のアラスカンマラミュートとハンモックでゆらゆら
  16. 時を止めていただと?まばたきをしている一瞬の間、脳が時間を止めることが判明(イスラエル研究)
  17. これはかわいくて育てたくなる。イルカの形をした多肉植物「ドルフィンネックレス」
  18. 車酔いってどうして起きるの?乗り物酔いを楽にする豆知識とアドバイス
  19. 「多角形の外角の和は360度」をGIFアニメで表現。これがわかりやすいと海外で話題に
  20. 飼い犬のゴールデンレトリバーが失踪。遠く離れた川で発見、保護される。連れ去られた後捨てられた可能性も(アメリカ)
  21. 動物虐待の前科がある者は虐待者リストへの登録を義務化する法案が提出される(アメリカ・ルイジアナ州)
  22. この赤いマントはダテじゃないぜ!子犬たちをしり目にサークルから颯爽と飛び出す猫
  23. ムーンライトマジック!月明かりに照らされた炎からゴーストが召喚される。更にその後ろを歩く男性はタイムループ?
  24. ウール100%のふわふわお布団だよ!大都会の片隅で快適な巣作りに励むリス
  25. 200万人に1人いるかいないか。過去50年間で43名しか確認されていない稀な血液「黄金の血」とは?
  26. これでタピればストローいらず。タピオカミルクティー専用のボトルが開発される
  27. つい物事を先延ばしにしてしまう人。その習慣はマインドフルネスで改善することができるという研究結果
  28. 人がすれ違えないほど狭いので信号が設置された、チェコ・プラハで一番細い道
  29. 口角がきゅんっと上がって極上のキャットスマイル。笑顔が魅力の保護猫「チューリップ」の物語(カナダ)
  30. 1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)
アクセスランキング