なかば強引な創意工夫。ライフハックと呼ぶにはあまりにも取り扱い注意な17の独創的アイディア

    全体:2月:2週:2日:0

2_e3

 人は危機に瀕したとき、潜在能力が引き出されているという。故にこれらの創意工夫も窮地に立ったからこそ編み出された技なのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

 ネット上で出回っていたライフハックと呼ぶにはあまりにも無謀なアイディアの画像。追い込まれればきっともっと良いアイディアが生まれることだろう、きっとそう。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52259676.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. ネコから出たまこと。エイプリールのネタだった「ねこぶそう」がガチで予約販売開始になった件
  2. ドーナツ店でトイレの使用を断られた女性、レジ前でうんちっち、でそれを店員に投げつける(カナダ)
  3. 大変身しすぎだろ!アメリカのテレビ番組「My 600-lb Life」に出演してダイエットに成功した人々の劇的ビフォア・アフター
  4. あらいぐまの恩返し。助けてもらったお礼に動物病院で患者さんを癒すお仕事を積極的にこなす(ロシア)
  5. 海外で過ごす時間が長いほど、自信や自己が確立される(米研究)
  6. ライオンがおねだりカシカシ。女性の乗っているスクーターに興味を持った(アメリカ)
  7. ファンタジーな世界観がすごい!ドローン写真で見る「ラップランド」の小さな島の四季折々の風景
  8. 「お尻はどこ?」と聞かれると「はいどうぞ!」と真摯な瞳で見せてくれる犬の愛くるしさ
  9. 異星人は平行宇宙に存在する可能性がある(国際研究)
  10. 混乱と混沌が支配する。ネットに出回った奇妙な12枚の画像
  11. 座禅を組みながら息継ぎなしで水中33メートルの世界に瞑想潜水していくフリーダイバー
  12. プーチンよりも先だった。完成した40億ドルのクリミア橋を最初に渡ったのは猫
  13. イケメンゴリラ最新ニュース!セクシーポーズでファンを悩殺するチェコのリチャード氏
  14. 絶望が原因で死ぬことがある。最愛の人を失ったときの体へのダメージは大きい(米研究)
  15. 野球場で審判に水を運び、飲み終わると持って帰る愛すべきゴールデン・レトリバー(アメリカ)
  16. カニの友情。砂に埋まってるカニを取り出そうとしたら仲間のカニがやってきて必死に守ろうとしていた
  17. 愛情たっぷり。ライオンとの再会で大歓迎を受ける「ライオン・ウィスパラー」のリチャードソンさん
  18. タコは宇宙由来?数億年前に宇宙から卵の状態で地球に飛来したとする論文が発表される(国際研究)
  19. 未知との遭遇体験ができるかもしれないし、仲間探しができるかもしれない「月刊ムー」のTシャツ&単パンが5月23日より販売開始!
  20. 侵入成功!うれしくなってつい踊ってしまった犯罪者のダンスを監視カメラがとらえていた(アメリカ)
  21. 独創性を追求しすぎた結果、食欲を促進させなくなった感のある奇妙なレストランの盛り付け例
  22. 愛猫を亡くして落ち込んでいたら、隣人の猫が毎日訪ねてくるようになった。もしかしたら慰めに来てくれているのかも
  23. 目からレーザー照射ができるコンタクトレンズが開発される(スコットランド研究)
  24. ギター弾くなら俺を弾け。飼い主のギター演奏中弦に紛れ込む猫
  25. 恐怖におののき祈りを捧げる住民も。フィリピンの浜辺に上がった巨大な毛むくじゃらの肉塊
  26. 大丈夫?転んだ少女を見守るアシカの懐の深さよ。
  27. あまりにもUFOブームが盛り上がってしまったので、UFO情報の証拠をなかったことにしようとしたイギリス国防省
  28. 映画「ピーターラビット」を見に来た子どもたちが戦慄!本編上映前に「今年最も恐ろしい映画」の予告が流れるハプニング(オーストラリア)
  29. 考えるんじゃない!感じるんだ!深読み厳禁な18の洋服デザインや着用イメージ
  30. コンビニ食材でかけ算グルメ。プッチンプリン+アイス+ローソンのナッツで作る激ウマカフェ風アイス【ネトメシ】
アクセスランキング