同一人物とは信じたくない。豹変にもほどがある、女性の変顔比較写真

    全体:0月:0週:0日:0

00
image credit: PrettyGirlsUglyFaces

 女性が変な顔をして自らを劣化させる変顔は、今でも人気のコンテンツである。元が美しいほど大ギャップで大ウケになる。

 自らを美しく見せようとゴリゴリにアプリで加工しインスタ映えを狙う女性もいれば、その逆に、いかに醜く見せるかで勝負する女性もいるのだ。

 ある意味これも多様性の一種なのだろう。

 とは言え、醜い写真と美しい写真とセットになるわけだから、やっぱり自分に自信がないとできないわけで、美しい女性がやりたがるのもうなずけるわけだ。

 それでは前回に引き続き(関連記事)今回もその豹変っぷりを見ていこう。

続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52268415.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)
  2. 柴犬の機動力すごい!ピョンピョンと塀を飛び越えていくから塀の意味がまったくないっていう...。
  3. クローゼットの中に幽霊!?と思ったらリアルな人だった件。しかもクローゼットの中の服着てたし(アメリカ)
  4. もっと、もっとかけていいのに。砂風呂ならぬ雪風呂にご満悦のマラミュート
  5. 世界で初めて冷凍保存された男。ジェームズ・ベッドフォードの遺体まるごと冷凍の背後にあるストーリー(アメリカ)
  6. 七色に輝くオパールの中には太古の昆虫が閉じ込められていた!
  7. 体重減は寝て待て?寝ている間に体重を減らしてくれる効果があるかもしれない10の飲み物
  8. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第15回:いぶいぶ漫画の作り方
  9. 小さなウサギの愛情はジャイアント。彼の愛するガールフレンドもジャイアント(物理的な意味で)
  10. 人工知能がヒトゲノムの中で未知の祖先の痕跡を発見(スペイン研究)
  11. 仲間・・・なのか?ミニチュアのフクロウを隣に置かれた時のドラマチック・フクロウ
  12. 仲間・・・なのか?ミニチュアのフクロウを隣に置かれた時のドラマチック・フクロウ(※追記あり)
  13. 四つん這いになって大通りを行進。ノルマ達成できなかった社員に対する仕打ちがひどかった
  14. ハッピーバレンタイン!猫たちのイチャコラ画像で愛を育てよう
  15. 明日はハッピーバレンタイン!猫たちのイチャコラ画像で愛を育てよう
  16. 昆虫界で起きているカタストロフィ。昆虫種の40%が個体数を急激に減らしている。3分の1が絶滅の危機へ。
  17. いくつ売れたのだろう?誰がもらったの?バレンタイン仕様の約300万円のゴージャス花束が販売されていた件
  18. ラジコン重機で地下室を作る壮大なる計画は、スローペースながら着実に進行していた。14年たった現状を公開(カナダ)
  19. アメリカ版100円ショップで戸惑っていた85歳の男性。男性を助けた1人の女性。そこにはこんな心温まる物語があった
  20. ホース・ウィスパラー(馬にささやく者)。白馬と心を通じ合わせることができる5歳の少女(アメリカ)
  21. 人はロボットを守るために他人の命を犠牲にするという研究結果(オランダ・ドイツ研究)
  22. ここ掘れワンワンからの?地面に穴を掘った後何をする?ハスキーの場合
  23. ここ掘れワンワンからの?地面に穴を掘った後何をする?ハスキーの場合
  24. 睡眠時無呼吸症候群と診断された男性。寝る時に吸引マスクをしろといわれたのでフェイスハガー風に改造してみた
  25. 「さあ行きな、もうこんなところに近づくなよ!」と、砂浜に打ち上げられたサメを助ける男性
  26. 多くの人がサイキックパワー(心霊能力や超能力)を信じている。その5つの理由
  27. いつでもフレッシュ!使いきりサイズのスパイスシートが大勢の支持を集め、商品化がついに決定!
  28. 気分がよい」状態とは?日本人とアメリカ人では違いがあることが判明。
  29. 「気分がよい」状態とは?日本人とアメリカ人では違いがあることが判明。
  30. ロシアのある町で50頭を超えるホッキョクグマが出没!非常事態宣言が発令される。
アクセスランキング