あまりにもUFOブームが盛り上がってしまったので、UFO情報の証拠をなかったことにしようとしたイギリス国防省

    全体:1月:0週:0日:0

industry-3296123_640_e

 1997年は、ニューメキシコ州ロズウェルに謎の空飛ぶ円盤が墜落した事件から50年目に当たり、超常現象ドラマ『X-ファイル』シリーズの人気絶頂期であった。

 英語圏を中心にUFOフィーバーが席巻していたのだ。これは大勢の関心を惹きつけたミステリーであったが、しかし英国の国防省に属する情報機関「国防情報参謀部(DIS)」にとって頭痛の種となりつつあった。

 UFOに関する事案に対応するDI55の分析官たちは、UFOマニアからの要請に忙殺されていた。それどころか、議会でも空飛ぶ円盤に関する質問が飛び交い、本来国防に費やすべき時間が奪われてしまっていた。

 そこで上層部は、UFOの目撃報告について徹底的な調査を行い、その正体について金輪際の決着をつけるべく指令を出した。

 だが、新たに明るみになった文書から判明したことは、その調査は客観性からは程遠く、適切に調査されなかった可能性が高いという。

 当初から国防省をUFOの対応から解放することを念頭に行われていたのだ。

続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52259651.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのか?
  2. バッハ、コペルニクスから青銅器時代の少女まで。肖像画や遺骨から復元された10人の顔
  3. 天井に開いた穴から猫がヌルッ!その姿がシュールすぎた。
  4. 瞑想やヨガをするとエゴが強まるという研究結果(ドイツ研究)
  5. 握手とか求められすぎ。ダイバーが甲殻類の神となっている件
  6. アメリカ全土に点在する巨大な矢印。この正体はいったい?
  7. Stray Rescue~明日迎えに来るからね!母犬と子犬たちのレスキュー大作戦
  8. 教会から呪いをかけられた、スペインの神秘的な魔女の村「トラスモス」
  9. メタボ有利。めっちゃリアルな腹芸ができる3Dモンキープリントのタンクトップ
  10. なぜディズニーランドには蚊がほとんどいないのか?(フロリダ州ディズニーワールド)
  11. なんて日だ!人生最悪の瞬間を記録した15枚の画像
  12. もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
  13. 人間から逃れるため哺乳類の夜行性化が進んでいる(米研究)
  14. デカッ!アラスカン・マラミュートの顔が女性の約4倍はある件
  15. スウェーデンで目撃された池の水を吸い上げているように見えるUFO
  16. まさか本気でやっちまうとは!フィーダーにやってきたハチドリを襲うカマキリ
  17. うちらの知っているヤツじゃない!エクソシストが明かす悪魔の姿とは?
  18. 絶叫と絶望が交差する、アメリカの遊園地シックス・フラッグスが3つの回転軸を持つ「サイボーグ・サイバースピン」を新設
  19. アメリカで最もミステリアスな「ビール暗号」を解読して、60億円相当のお宝をゲットしよう!
  20. 思い描いていた未来が既に来てた!ルームサービスロボットが闊歩して望みの物を持ってきてくれるホテル
  21. カラスが女性にやさしくモフられている。その裏で激しくジェラシーを燃やす動物の姿が...
  22. 【訃報】人を愛し、猫を愛した手話でコミュニケーションのとれるゴリラのココが亡くなる。享年46歳
  23. 彼は私の彼氏だし夫でもあるの。マネキン少年に恋をした4歳の少女。彼と一緒にいたくって半ば強引にキス
  24. 私の知ってるヤツじゃない!世界最大級のオタマジャクシが発見される(アメリカ)
  25. ロンドン自然史博物館主催、2017年度野生動物写真コンテストの入賞作品を見てみよう(PART2)
  26. 学校では教えてくれなかった13の驚くべき科学的事実
  27. シースルー系とか流行ってるけども!真横だけがぱっくり丸見えになるジーンズが販売されていた件
  28. 壁にはめ込まれたレゴブロック。その中に仕掛けられたときめく小さな秘密の部屋!!
  29. 決め手は玉ねぎとバター。完璧なパスタ用トマトソースの作り方(+ミートボールもね!)【ネトメシ】
  30. 「アズカバンの囚人」の手配書?どこから見てもこちらを見続けているるように見える迷子猫のポスター
アクセスランキング