トマトは危機が迫ると事前にそれを察知し、毒性物質を作り出し防衛に備える(米研究)

    全体:1月:0週:0日:0

2_e15

 植物は基本的に動けない。走って逃げたり、隠れたりすることができないのだ。だから食べられないように別の戦略が必要になる。

 例えば、葉を巻き上げたり、あるいは不味い化学物質を分泌したりする。普通ならそれらを引き起こすのは、かじられたり、卵を生まれたりといった、明らかな攻撃のサインに誘発された結果だ。

 だが、最新の研究によると、植物の中には、草食動物が攻撃を開始するずっと前にそれを察知して、事前に防衛に備える種があるという。しかも、それは害虫に対しても有効な手立てだという。

 その植物とはずばり、トマトである。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52259911.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 動物園で結婚式を挙げたカップル。クマが積極的に参列、記念写真にぽか~んと写り込む(アメリカ)
  2. やっぱピザだろ。臨時着陸を余儀なくされた飛行機の機長たち、乗客にピザをおごりみんなを笑顔に(アメリカ)
  3. 救世主現る?合成サンダルウッド(ビャクダン)の香りがハゲに効果があるという研究結果(英研究)
  4. 顔見せNGな猫。飼い主からシーツを死守しようと肉球だけで戦う
  5. 冤罪から救ってくれたのは犬。「容疑者が射殺した」と証言された黒い犬が発見され有罪判決が撤回(アメリカ)
  6. ハスキーと赤ちゃんの仲良し動画に世界がほっこり
  7. DNAを改変し、カエルの突然変異体を自宅で作れるDIYキットが販売されている件(アメリカ)
  8. 美を追求しすぎちっち?「聖パドヴァのアントニオの像」をオネエっぽくしたとして宗教団体が激怒(コロンビア)
  9. 想定外の大爆発!液体窒素を使って雲をつくる科学実験イベントで会場真っ白(アメリカ)
  10. 両親を事故で亡くした子供たちを育てるため。父親の遺した車をオークションに。そこで起きた奇跡の連鎖に涙腺崩壊
  11. 家族から引き離され、檻に閉じ込められていた幼いゴリラ(カメルーン)
  12. カナダでマーガリンやパン、ドーナツに使用されていた人工トランス脂肪酸の使用が禁止に。
  13. お顔のお手入れ大事やから。ラッコ2匹のかわいいフェイスマッサージ
  14. アメリカ、テキサス州の上空に三角形の飛行物体が目撃される。新たな軍事兵器なのか?それとも...
  15. ブラッシングされているハスキーのリラクゼーションタイム。そして大量の体毛が話題に
  16. 最も太陽系に近い惑星「プロキシマb」に、生命が生存できるかもしれないという新たなる希望(NASA研究)
  17. 日本にもはよ!サーティワンアイスクリームの自動運転車がお披露目。アイスの自販機を積んで走行するよ(ロシア)
  18. 無人バイクが道路走っとる!BMWが公開した自動運転バイクが凄い!
  19. 本当に燃え上がってしまう可能性が高い、機動戦士ガンダム(ミニ)
  20. お父さんがお昼寝中にあるモノを見つけた犬。遊び道具だと思ってくわえてみたら、コラ画像を超えたリアルに。
  21. 男性の多くは、女性にモテる女性を好むという研究結果(キプロス研究)
  22. ニンゲン!早く窓開けろ!! フクロウにロックオンされた猫のこっち見るな感がすごい
  23. 手描きなのに驚くほど精巧。医療画家が描いた病理学イラスト(医療画注意)
  24. つめたくてきもちいいので川の中でウトウトうとりんこする犬の癒し動画
  25. 自分は「エルフ」と信じ込む女性、その使命は地球人の精神レベルを高めエルフになれるよう導くこと(アメリカ)
  26. ケンタッキーが流行中の音フェチ動画に便乗!緑豊かな自然とフライを揚げる音を重ね合わせたASMR動画を公開中
  27. 空港の手荷物検査で使用するトレイは相当汚い。危険なウイルスが潜んでいる可能性(フィンランド・イギリス研究)
  28. 「こうやればいいんだよ!」イルカは人間から自分が学んだことを野生のイルカに教えることができる(英研究)
  29. 猫はかわいい。ナマケモノもかわいい。合体させたらすごくかわいくなるんじゃね?で、こうなった。
  30. 有機プロセスと人工システムを組み合わせ、太陽光でエネルギーを作るより効率的な方法が発明される(英研究)
アクセスランキング