トマトは危機が迫ると事前にそれを察知し、毒性物質を作り出し防衛に備える(米研究)

    全体:1月:0週:0日:0

2_e15

 植物は基本的に動けない。走って逃げたり、隠れたりすることができないのだ。だから食べられないように別の戦略が必要になる。

 例えば、葉を巻き上げたり、あるいは不味い化学物質を分泌したりする。普通ならそれらを引き起こすのは、かじられたり、卵を生まれたりといった、明らかな攻撃のサインに誘発された結果だ。

 だが、最新の研究によると、植物の中には、草食動物が攻撃を開始するずっと前にそれを察知して、事前に防衛に備える種があるという。しかも、それは害虫に対しても有効な手立てだという。

 その植物とはずばり、トマトである。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52259911.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 自然が魔法を使ってきたぞ?リンゴの木の枝になっていたのは、氷でできたリンゴそっくりの実!!(アメリカ)
  2. 家計を助ける為、雪道をひたすら歩き続ける少年に訪れた奇跡の出会い(アメリカ)
  3. だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)
  4. 巨大ザメ「メガロドン」の絶滅は考えられていたより早かった可能性。ホホジロザメとの争いに負けた?(米研究)
  5. 猫の脱出大作戦!ダンボールで作った巨大迷路をクリアすることができるのか?
  6. 日本の寿司屋が舞台となった、かわいくってあたたかい、編みぐるみのショートフィルム「Lost&Found」
  7. 濡れた子猫がかわいすぎて。子猫、グレムリン疑惑に関する海外の反応
  8. 【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち
  9. 踏んじゃッていいんですか!?カーネルサンダースおじさんの頭部がついた敷物が登場していた件
  10. これぞまさしく「インスタ映え」完璧な写真の裏側にある編集効果がわかる比較写真
  11. 材料3つで簡単にできる。オーブントースターでできる。お手軽でおいしいバタークッキーの作り方【ネトメシ】
  12. 飼い主がいないと寂しくて・・・不安分離症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
  13. 飼い主がいないと寂しくて・・・分離不安症だった犬にぴったり寄り添い、慰めてくれていたのは猫だった
  14. 汚職を取り締まるために導入したAI(人工知能)が高性能すぎてお蔵入りに(中国)
  15. 柴犬の機動力すごい!ピョンピョンと塀を飛び越えていくから塀の意味がまったくないっていう...。
  16. クローゼットの中に幽霊!?と思ったらリアルな人だった件。しかもクローゼットの中の服着てたし(アメリカ)
  17. もっと、もっとかけていいのに。砂風呂ならぬ雪風呂にご満悦のマラミュート
  18. 世界で初めて冷凍保存された男。ジェームズ・ベッドフォードの遺体まるごと冷凍の背後にあるストーリー(アメリカ)
  19. 七色に輝くオパールの中には太古の昆虫が閉じ込められていた!
  20. 体重減は寝て待て?寝ている間に体重を減らしてくれる効果があるかもしれない10の飲み物
  21. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第15回:いぶいぶ漫画の作り方
  22. 小さなウサギの愛情はジャイアント。彼の愛するガールフレンドもジャイアント(物理的な意味で)
  23. 人工知能がヒトゲノムの中で未知の祖先の痕跡を発見(スペイン研究)
  24. 仲間・・・なのか?ミニチュアのフクロウを隣に置かれた時のドラマチック・フクロウ
  25. 仲間・・・なのか?ミニチュアのフクロウを隣に置かれた時のドラマチック・フクロウ(※追記あり)
  26. 四つん這いになって大通りを行進。ノルマ達成できなかった社員に対する仕打ちがひどかった
  27. ハッピーバレンタイン!猫たちのイチャコラ画像で愛を育てよう
  28. 明日はハッピーバレンタイン!猫たちのイチャコラ画像で愛を育てよう
  29. 昆虫界で起きているカタストロフィ。昆虫種の40%が個体数を急激に減らしている。3分の1が絶滅の危機へ。
  30. いくつ売れたのだろう?誰がもらったの?バレンタイン仕様の約300万円のゴージャス花束が販売されていた件
アクセスランキング