トマトは危機が迫ると事前にそれを察知し、毒性物質を作り出し防衛に備える(米研究)

    全体:1月:0週:0日:0

2_e15

 植物は基本的に動けない。走って逃げたり、隠れたりすることができないのだ。だから食べられないように別の戦略が必要になる。

 例えば、葉を巻き上げたり、あるいは不味い化学物質を分泌したりする。普通ならそれらを引き起こすのは、かじられたり、卵を生まれたりといった、明らかな攻撃のサインに誘発された結果だ。

 だが、最新の研究によると、植物の中には、草食動物が攻撃を開始するずっと前にそれを察知して、事前に防衛に備える種があるという。しかも、それは害虫に対しても有効な手立てだという。

 その植物とはずばり、トマトである。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52259911.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. ハッピーエンドかもしれないがほんのり切ない。女性と犬が偶然出会うことから始まるホロリ系CM(ギリシャ)
  2. 岩塩坑で発見された古代イランの塩漬けミイラ「ソルトマン」(※ミイラ出演中)
  3. この動いてる感じがたまらんにゃ。オートスロープを愛でる猫
  4. 地球上異世界探訪。火星の環境に似ている6つの魅惑の場所
  5. 人類の絶頂期と最悪期を表現した究極のメメント・モリ。クリス・ククシ氏が手掛けた異型神話世界
  6. なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのか?
  7. バッハ、コペルニクスから青銅器時代の少女まで。肖像画や遺骨から復元された10人の顔
  8. 天井に開いた穴から猫がヌルッ!その姿がシュールすぎた。
  9. 瞑想やヨガをするとエゴが強まるという研究結果(ドイツ研究)
  10. 握手とか求められすぎ。ダイバーが甲殻類の神となっている件
  11. アメリカ全土に点在する巨大な矢印。この正体はいったい?
  12. Stray Rescue~明日迎えに来るからね!母犬と子犬たちのレスキュー大作戦
  13. 教会から呪いをかけられた、スペインの神秘的な魔女の村「トラスモス」
  14. メタボ有利。めっちゃリアルな腹芸ができる3Dモンキープリントのタンクトップ
  15. なぜディズニーランドには蚊がほとんどいないのか?(フロリダ州ディズニーワールド)
  16. なんて日だ!人生最悪の瞬間を記録した15枚の画像
  17. もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にやるべき対応
  18. 人間から逃れるため哺乳類の夜行性化が進んでいる(米研究)
  19. デカッ!アラスカン・マラミュートの顔が女性の約4倍はある件
  20. スウェーデンで目撃された池の水を吸い上げているように見えるUFO
  21. まさか本気でやっちまうとは!フィーダーにやってきたハチドリを襲うカマキリ
  22. うちらの知っているヤツじゃない!エクソシストが明かす悪魔の姿とは?
  23. 絶叫と絶望が交差する、アメリカの遊園地シックス・フラッグスが3つの回転軸を持つ「サイボーグ・サイバースピン」を新設
  24. アメリカで最もミステリアスな「ビール暗号」を解読して、60億円相当のお宝をゲットしよう!
  25. 思い描いていた未来が既に来てた!ルームサービスロボットが闊歩して望みの物を持ってきてくれるホテル
  26. カラスが女性にやさしくモフられている。その裏で激しくジェラシーを燃やす動物の姿が...
  27. 【訃報】人を愛し、猫を愛した手話でコミュニケーションのとれるゴリラのココが亡くなる。享年46歳
  28. 彼は私の彼氏だし夫でもあるの。マネキン少年に恋をした4歳の少女。彼と一緒にいたくって半ば強引にキス
  29. 私の知ってるヤツじゃない!世界最大級のオタマジャクシが発見される(アメリカ)
  30. ロンドン自然史博物館主催、2017年度野生動物写真コンテストの入賞作品を見てみよう(PART2)
アクセスランキング