死をもあざむく?地球の内側で見つかった微生物の不死へのアプローチ

    全体:1月:0週:0日:0

monster-701991_640_e
pixabay

 地球の深部炭素に関する国際的なサイエンスネットワーク団体、ディープ・カーボン・オブザバトリー(Deep Carbon Observatory:DCO)が驚きの事実を発表した。

 地球の地下で生きる微生物の質量は150~230億炭素トンで、全人類を合わせた炭素質量のじつに245~385倍あるというのだ。

 地下の奥深くで生命が存在できるはずがないと考えられていたのが、そう遠くない昔のことであるのを考えれば、まったく驚きである。
 
 だが、その発表を詳しく見てみると、さらに驚愕の事実が述べられていた。

 地下生命の年齢である。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52270778.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. ワンオペのワッフル店。スタッフの窮地を救ったのは親切な顧客たちだった(アメリカ)
  2. これはかわいい放送事故。テレビ中継中に現れた野良猫、レポーターの足元でスリスリ(ブラジル)
  3. 捕食者の存在が獲物集団の健康改善に役立つ可能性が示唆される(米研究)
  4. 子犬軍団に囲まれた猫、猫パンチで制裁を加える
  5. 約5300年前のミイラ、エッツィ(アイスマン)は最後の日々をどう過ごしたのか?コケ類の分析で新事実が判明
  6. お昼寝中のウサギを気持ちよく起こすには?とりあえずニンジンで魔法陣を作ってみた
  7. 「死ぬなんてありえない」脳にはリアルな死の実感から逃避するメカニズムがある(イスラエル研究)
  8. サルバドール・ダリが作ったタロットカード「タロット・ユニバーサル・ダリ」の複製版が再販されていた!
  9. 今日は満月!気分をリセットしたいなら夜10時半頃に夜空を見上げよう(2019年11月12日)
  10. 今日は満月、ビーバームーン!気分をリセットしたいなら夜10時半頃に夜空を見上げよう(2019年11月12日)
  11. 2羽のつもりが1000羽だった!ネットオークションでニワトリ1000羽をうっかり落札してしまった男性、その結末は?
  12. 危機一髪!猫が赤ちゃんを転落事故から救う、背中に飛びつき前脚でブロック(コロンビア)
  13. あらゆるがん細胞を殺してくれると期待のウイルスが開発される。来年にも人体での治験を開始(オーストラリア)
  14. 犬の七変化。ジャーマンショートヘアーを小道具とコラを使って面白変装させるインスタグラム
  15. 犬の七変化。ジャーマン・ショートヘアード・ポインターを小道具とコラを使って面白変装させるインスタグラム
  16. 海が産んだ大量の卵?フィンランドの海岸を埋め尽くした氷球の珍百景、レアな自然現象
  17. 先住猫の亡き後、その愛らしいクセは後輩猫たちにしっかりと引き継がれていた
  18. 悪用されたらヤバイ!専門家が危険視する文章生成AI(人工知能)の完全版がリリースされる
  19. 保護犬のラベルをビール缶に貼って里親探し。ビール醸造会社が地元の動物救済団体と提携(アメリカ)
  20. 新感覚ASMR あのプチプチする梱包材を強力シュレッターに投入してみた
  21. 旅しながら貧しい人々に無償で歯の治療をし続ける歯科医師(ブラジル)
  22. 賢い犬!29の単語を覚えサウンドボードで飼い主と会話(アメリカ)
  23. 観葉植物に空気清浄効果は期待できない、ジャングルなみに大量に置かないと効果は得られない(米研究)
  24. 車で陸橋をくぐる時、車内に乗っていた犬の反応がかわいすぎた
  25. 木星速ッ!太陽系内惑星10の自転速度を比較した爽快アニメーション
  26. ドアをノックする猫が発見された?「幻覚かもしれない」と自信なさげな撮影者氏
  27. Amazonのアレクサが殺人事件の真相を握るカギに!? 警察が重要参考物として事情聴取(アメリカ)
  28. 【訃報】餌のつもりが友達に トラと友情を築いたヤギが体調悪化で死亡(ロシア)
  29. 未来のドッグランってこんな感じ?犬型ロボットが9台で芝生の上を駆け回るとかいうSF的光景が展開される
  30. 味噌マヨミルクで極上のうまみ。健康野菜がもりもり食べられる、かぼちゃグラタンの作り方【ネトメシ】
アクセスランキング