死をもあざむく?地球の内側で見つかった微生物の不死へのアプローチ

    全体:0月:0週:0日:0

monster-701991_640_e
pixabay

 地球の深部炭素に関する国際的なサイエンスネットワーク団体、ディープ・カーボン・オブザバトリー(Deep Carbon Observatory:DCO)が驚きの事実を発表した。

 地球の地下で生きる微生物の質量は150~230億炭素トンで、全人類を合わせた炭素質量のじつに245~385倍あるというのだ。

 地下の奥深くで生命が存在できるはずがないと考えられていたのが、そう遠くない昔のことであるのを考えれば、まったく驚きである。
 
 だが、その発表を詳しく見てみると、さらに驚愕の事実が述べられていた。

 地下生命の年齢である。
続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52270778.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 最初は抵抗していた犬だったが、猫の超絶テクニックになすがまま
  2. 2030年には完全に消え去る予測。腐食が進む悲劇の豪華客船・タイタニック号(米調査)
  3. ニンゲンさん、お願いなんとかして!助けを求めてボートにまっしぐら!なアシカの子供
  4. さあ、ゲームの始まりだ。警察やメディアを弄ぶことを楽しんだ、歪んだシリアルキラー10人
  5. クレオパトラも愛用していた?2000年前の古代エジプト人がつけていた香水を再現(米研究)
  6. 犯人はクマ!?玄関先の荷物を子グマが盗んでいく様子が監視カメラ映像にとらえられる(アメリカ)
  7. あのドロリッチをもう一度。ドロリッチ風カフェゼリードリンク&氷みつゼリードリンクの作り方【ネトメシ】
  8. 看護猫に警備猫、害虫駆除猫など、世の為人の為に働く12業種の猫たち
  9. ウイスキーなら99%以上の的中率。どんな液体でもテイスティング可能な人工舌が開発される(英研究)
  10. ここにつけたらあか~ん!冷蔵庫にマグネットで張り付けている紙のシートをことごとく落としていく猫
  11. 1950年にアメリカで発売された世界一危険なおもちゃ。A.Cギルバート社の「子供用原子力研究セット」
  12. 「えっ、ボクお兄ちゃんになるの?」飼い主さんのお腹に優しく寄り添うマラミュート
  13. ゾウやサルも地球温暖化と戦っている。人間には真似できない方法で森林を保護(中央アフリカ・南米)
  14. 何これおいしそう、アイスクリーム?いいえ違います。ゴルフボールの断面です。
  15. プラグ充電不要。世界最大の電動ダンプカーは重さは45トン、高さ4.2メートル(スイス)
  16. アメリカのデラウェア州、動物保護施設内での犬猫の殺処分が全国で最も少ない州に
  17. 列車なんかに負けないワン!朝の散歩中に出会う列車とかけっこ競争する犬(アイルランド)
  18. 老化した脳細胞に「自分はまだ若く柔らかい脳の中にいる」と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)
  19. 押すと出てくる...だとぅ?また猫が物理法則を学んだ模様
  20. 人生万事塞翁が馬。「幸か不幸かは、考え方次第」という運のランダムな性質を描いたショートアニメ「ノヴァの効果」
  21. いつもお世話になってるんで。人間を愛情込めてマッサージするハムスター
  22. いったいなぜ?無数の人骨が発見された骨の湖「ループクンド湖」新たなるDNA調査で更なる謎が深まる(インド)
  23. 火星の生活を疑似体験する洞窟内アトラクションがガチすぎる件(スペイン)
  24. [フョードル、行きまーす!」ロシアのヒューマノイドロボットが宇宙へ発進!
  25. 7位は日本の本州、北海道とアイルランドはほぼ同じ。世界の島を大きさ順に並べてみた。
  26. 野良猫が助けを求めてやってきた。それにいち早く気づき家族に知らせた犬。猫は無事救われる。
  27. ネガティブ発言も時には有効。チームを勝利に導く監督がロッカールームでやっていることは?(米研究)
  28. 猫はただ飛んだだけ。だがそれが引き金となってしまったリビングの惨事
  29. 全ては日光浴の為。19世紀後半のフランスで日光療法の為に設置された大がかりな回転式サンルーム
  30. 遊ぼ遊ぼ!いっしょに遊ぼ!可愛い子犬とヒヨコのらぶらぶプレイタイム
アクセスランキング