店の看板猫で自閉症の少年の心の支えだった愛猫が盗まれる。その後犯人は猫を返しに来て謝罪する(アメリカ)

    全体:0月:0週:0日:0

tn
image credit:ABC7NY/facebook

 ニューヨーク、ブロンクス地区のキングズブリッジに、「イスマエルのグルメ・デリ」という、家族経営の小さな食料品店がある。

 店のオーナーであるイスマエル・ディアスさんと妻のスージー・ペーナさんはルナという名の子猫を飼っていた。

 ルナは店の看板猫であり、売り上げに貢献していた。店の前を通り過ぎる人々は、ルナをよく見ようと店に入ってきて、ついでに何かしら買い求めていくのだ。

 そしてまた、ルナにはもっと大切な役目があった。夫妻の10歳になる息子、ジョナサンくんは自閉症を持っている。ルナはジョナサンくんの心の支えであり、かけがえのない友達なのだ。

 ところがある日、ルナが忽然と姿を消してしまったのである。ジョナサンくんの困惑と悲しみは大変なものであった。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52272051.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 中に人入れるかな?ロブスターの巨大な爪と人間の手の比較写真
  2. イタリアの古代都市遺跡「ポンペイ」の壁や通りのあちこちに石造りの息子スティックが。いったいなぜ?
  3. おじいちゃん、おばあちゃん、いらっしゃい!マラミュートたちの大歓迎っぷりったら!
  4. 絶滅したタスマニアタイガー(フクロオオカミ)の皮膚DNAから種を救い出せるかもしれない
  5. 食用マグロ6匹に1匹はインドネシア産。マグロ漁獲国世界一のインドネシア。その半分がアメリカ、4分の1が日本へ。
  6. うっかりしすぎてた!赤ちゃん置き忘れて飛行機に乗った母親。飛行機が空港に引き返す事案(サウジアラビア)
  7. アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第25回:猫を多頭飼いしてるとコタツまわりが楽しい、他
  8. 顔の中心で愛を叫ぶ。鼻にハートを持つ奇跡のダルメシアン(アメリカ)
  9. 全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)
  10. 高性能なねこじゃらし?それとも自動ビンタマシーン?犬の尻尾に翻弄される猫
  11. 今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される
  12. そろそろ眠くにゃっちゃった。ふかふかゴールデンをベッドにしておやすみなさいの猫
  13. 7人に1人は経験する。パニック発作(不安発作)が起きた時の対処法
  14. 13歳で史上最年少の心理学者となったメキシコの天才少女。17歳でハーバード大学、大学院に進学
  15. 赤ちゃんが歩くのを学ぶのと同じように歩き方を自己学習するAIロボットレッグ(米研究)
  16. 「今から全員人質だ。誰も生きて出られない」運転手がスクールバスに放火するも警察が全員を救出(イタリア)
  17. 氷に翼がくっついて動けなくなってしまったハクトウワシの救助物語(アメリカ)
  18. 第六感なのか?一部の人間の脳は地球の磁場を感じることができる(米研究)
  19. 仲良しなんやから~!オオヤマネコとイエネコが抱き合って眠るの
  20. 人間の頭蓋骨に宝石でモザイクが施されたアステカ族の宗教的装飾品
  21. ペットホテルで飼い主の帰りを待っていた分離不安症を抱える犬、感動の再会で見せた満面のスマイル
  22. ナイル川で発見された沈没船が、古代ギリシアの歴史家「ヘロドトス」の歴史書の正しさを証明(エジプト)
  23. 座るだけで背中を掻いてくれるし頭と足をマッサージしてくれる。ピタゴラ的マッサージチェア
  24. これがヘドバンウェーブか!大人数のヘッドバンギングで柵がきしむたわむ壊れるぅ!(アメリカ)
  25. ATMで女性から現金を奪おうとした強盗。だがしかし・・・預金残高を見て奪った現金を返しそのまま立ち去る(中国)
  26. またしてもヒゲメンと猫!昼寝していたらお腹の上で野良の子猫が寝ていた。愛おしすぎてそのまま家族に(オーストラリア)
  27. アメリカで新たな動物保護法案が提出される。虐待者には最大7年の懲役
  28. ハクトウワシの入浴シーンがド迫力ダイナミック!
  29. 地球に一番近い惑星は何?金星ではなく、水星かもしれないという説(米研究
  30. メインクーンのタイタスさん、お気に入りの場所を離れたくなくてニャアニャア鳴く
アクセスランキング