「 karapaia 」 一覧

家族が就寝中に起きた突然の火事。自らの命を犠牲にして一家全員を火事から守った犬(アメリカ)

2019/09/22   karapaia

image credit:Fox13news
 犬は飼い主の良き親友であり、忠誠心も深い。飼い主家族を危険から守ろうとした犬のニュースが伝えられると、心温かい気持ちになるが、今回アメリカのフロリダ州で起こった出来事は、あまりにも悲しい結末となった。

 ある日の夜中、突然自宅で火...

繁殖を防ぐために遺伝子組み換えした蚊を野生に放ったところ、逆に野生種と混じってパワーアップした可能性(ブラジル)

2019/09/22   karapaia

image credit:Pixabay
 暑い季節にやっかいな蚊だが、ただ血を吸って痒くさせるだけではない。危険な病原菌を媒介するために、小さいくせして地球上で一番人間を殺しているのだ。

 そんな蚊を撲滅しようと、子供を作れないように遺伝子を組み換えたオスを野生に放つとい...

子猫という存在感の重さ。じゃれあって前足が口に入っただけでネットが激震

2019/09/22   karapaia

image credit:imgur
 無条件で愛らしすぎる子猫は世界中を猫好きを惹きつけてやまないが、イノセントな子猫の間で起きたまさかの出来事が海外掲示板を沸かせている。
 
 仲良さげに向かいあって寝そべっている2匹の子猫。だが、その癒しのシーンの真っ最中に事件は起きた...

溶けたホワイトチョコレートのようにクリーミーな火星の北極地帯の写真

2019/09/21   karapaia

ESA / Roscosmos / CaSSIS
 火星と言えば赤い荒涼とした風景が思い浮かぶのだがこれはいったい!?

 欧州宇宙機関(ESA)とロシア・ロスコスモス社が共同で進める火星探査計画「エクソマーズ」のトレース・ガス・オービターが撮影した赤い惑星の北極は、まるで溶けたホワ...

お散歩中に再会。大好きなおばあちゃんを発見した犬の見せた猛ダッシュ、真っすぐな愛

2019/09/21   karapaia

image credit:Reddit
 飼い主と犬の再会シーンというのはいつ見てもいいものだけど、海外掲示板Redditにて、草原を走り回っていた犬が遠くにいるおばあちゃんに気づいて一目散に走っていく姿が「これは羨ましい」と話題を呼んでいたよ。犬の愛って真っすぐでいいよね。

冷戦時代、CIAの諜報員として活動していたスパイ鳩。上空からソ連の軍事機密を入手していた(アメリカ)

2019/09/21   karapaia

image credit:Pixabay
 ハトは控えめな見た目ながら驚異的な能力を秘めている。一度も行ったことのない土地へ連れて行かれても、そこから数百kmも離れた家まで帰って来れる桁外れの帰巣本能があるのだ。

 大昔からその能力は通信手段(伝書鳩)として利用されてきたが第...

1996年のアメリカの子供たちに大人気だったお弁当セット。ランチボックスの世界

2019/09/21   karapaia

image credit: youtube
 小中学校を思い出はと聞かれると、「学校給食」を思い浮かべる人もいることだろう。

 日本では、お弁当を持参しなければならない学校も中にはあるが、たいていの場合は給食が提供されている。

 日本の給食の歴史は、明治22年に始まったと言われ...

ヒョウ?ヤマネコ?それともUMA?イギリスでミステリアスな大型ネコ科っぽい生物の姿がとらえられる。

2019/09/21   karapaia

image credit: youtube
 イギリスでは、過去何十年にもわたり、大型ネコ科と思われるミステリアスな生物の存在が噂されてきた。

 最初の目撃記録は1962年とあるが、実はもっと以前から目撃されているという情報もある。ピューマやヒョウのような体型をしているその生物は...

滝の上で立ち往生した一家、ボトルにSOSのメモを入れて川に流し望みを託したところ、無事救助される(アメリカ)

2019/09/21   karapaia

Alexas_Fotos/pixabay
 誰かの書いたメッセージが入ったボトルが海へと流され、見知らぬ誰かがそれを拾い、そこから驚く奇跡的なストーリーが展開するというような話は、フィクションの中で起こるものであって、実際には滅多にない。

 しかし今回、その奇跡のような出来事...

「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)

2019/09/21   karapaia

image credit: Ashley Kelley/Instagram
 アメリカでは、保護された子犬や子猫は、終の棲家に落ち着くまでに何軒かの家を渡り歩くことが多い。成長段階に応じて預かりボランティアさんの家から家へと移り、適切な世話を受け、社会性を身につけながらながら、飼い主の募集を...

アクセスランキング