「 日別アーカイブ:2018年06月12日 」 一覧

死期が近い人のニオイを嗅ぎ分けられるというオーストラリアの霊媒師

2018/06/12   karapaia

 アリ・カーラは、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州出身の24歳の霊媒師。彼女曰く、自分は珍しい予知能力をもっていて、死期が近い人はニオイでわかるのだという。

 カーラが自分の特異な才能に気づいたのは12歳のとき。末期の病に冒されたおじの見舞いに行った...

パピーミルから救出されたチワワ、生まれて初めて自分のベッドを楽しむ

2018/06/12   karapaia

 
 ちょっと大きめな舌がかわいい9歳のチワワ、フレディーは生まれてからずっとパピーミルの狭いケージの中で暮らしてきた。

 パピーミルとは、営利目的で子犬を大量に作るための施設だ。フレディーは9年間の犬生の中で、犬らしい喜びは何一つ知らないままただ繁殖のため...

ヒト型爬虫類「レプティリアン」に関するショッキングな10の陰謀論

2018/06/12   karapaia

 ヒト型爬虫類レプティリアンは、SF話や陰謀論に度々登場するヒューマノイドで、他にも、リザードフォーク、サウロイド、レプトイドなど様々な呼び名がある。

 アメリカではレプティリアンの存在を本気で信じる人が多く、その数はますます増えているそうだ。最も信じられ...

ヒト型爬虫類「レプリティリアン」に関するショッキングな10の陰謀論

2018/06/12   karapaia

 ヒト型爬虫類レプティリアンは、SF話や陰謀論に度々登場するヒューマノイドで、他にも、リザードフォーク、サウロイド、レプトイドなど様々な呼び名がある。

 アメリカではレプティリアンの存在を本気で信じる人が多く、その数はますます増えているそうだ。最も信じられ...

地球の躍動を手の中で感じることができるAR(拡張現実)地球儀&スマホアプリ「アース」

 いろんなもののデジタル化がどんどん進んでいる今日このごろだが、こんなものまで!?と驚くアイテムが登場した。

 アメリカ・サンフランシスコのアストロ・リアリティ社が開発した地球の胎動を手のひらの中で退官することができるAR(拡張現実)ハイテク地球儀「アース...

スマホの反射を利用してこんなにも幻想的に!こんなにも心霊的に!スマホを利用した写真トリックの作り方

2018/06/12   karapaia

 現像を待たずに済むデジカメやスマホの普及で写真やSNSが身近になってる現代、ネット上ではいわゆる「インスタ映え」をやたら意識した飲食店や目新しい撮影法に関する情報があふれている。

 そんな中、海外の写真家がシェアした斬新なカメラ技が話題になっている。

 ...

配色キュート!テイストグッド!コンビニ冷凍フルーツと透明アイスティで作る「斜めゼリー」の作り方【ネトメシ】

2018/06/12   karapaia

 色違いのゼリーを斜めに配置した「斜めゼリー」は涼し気で見た目もきれい。インスタグラムでも、様々な配色の斜めゼリーが次々と投稿されている。

 今回はこの斜めゼリーを、コンビニやスーパーで売っている冷凍フルーツにアイスティでほんのり味付けをしたものと、ミル...

えっと...自分猫飼ってたっけ?ベッドの下で見たこともない猫が出産していた件(イギリス)

2018/06/12   karapaia

 
 猫は出産の際、安全で外敵からわが子を守りやすいところで出産する。それゆえに猫が知らない間に民家のすぐそばで出産したり、思いもよらぬところで出産するということは世界の各地でたびたび起きてきた。

 その場所選びに、猫のための猫による猫の暗躍組織NNNがど...

AI(人工知能)をサイコパス化。MITが作り上げた恐怖のサイコパスAIは、その名も「ノーマン」(米研究)

2018/06/12   karapaia

image credit:MIT
 人工知能の研究者はこれまで人類に貢献できる円満なアルゴリズムを作ろうと試みてきた。だがアメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのチームが目指したのは正反対のことだ。

 研究チームは、AI(人工知能)を暴力と死のイメージにだけ...

ファンタスティック・ジオメトリック!都市風景をドローンを使い高所から絶妙のアングルで撮影した写真

2018/06/12   karapaia

 シンガポールを拠点に活動しているフォトグラファーのライアン・ジェイムズさん(22)は、ドローンを使って絶妙なアングルから都市空間を撮影し続けている。

 上から見下ろした建築物は、地上から見るのとはまた違った顔を見せる。直線と曲線が絡み合い、ジオメトリック...

アクセスランキング