「 人類 」 一覧

お金に困っていた未亡人女性がガソリン代を全部小銭で支払おうとしていた。それを見た男性が愛ある行動に(アメリカ)

2018/11/12   karapaia

 
 人間は自分だけでは動くことも食べることもできない状態で生まれてくる。誰かの手を借りてやっと食べられるようになり、歩くことができるようになる。

 今飲んでいる水だって、大勢の人の手を通って水道管から運ばれてきたものだ。誰だって1人だけでは生きていくこと...

お金に困っていた未亡人女性がガソリン代を全部小銭に支払おうとしていた。それを見た男性が愛ある行動に(アメリカ)

2018/11/12   karapaia

 
 人間は自分だけでは動くことも食べることもできない状態で生まれてくる。誰かの手を借りてやっと食べられるようになり、歩くことができるようになる。

 今飲んでいる水だって、大勢の人の手を通って水道管から運ばれてきたものだ。誰だって1人だけでは生きていくこと...

ドーナツ屋店主が早く病気の妻に会いに行けるように。すぐ売り切れになるようドーナツを買い込む顧客たちの連携プレイ

2018/11/08   karapaia

 
 アメリカ、カリフォルニア州シールビーチで「ドーナツシティ」というドーナツ屋を夫婦で営んでいるのはジョン・チャンさん。

 ジョンさんは、30年以上毎日、休むことなく奥さんのステラさんと共にお客さんにドーナツを売り続けてきた。どんなに遅い時間になっても、品...

きっかけは小学校教師が貧しい子供たちの話をしたことだった。そこから飛行機内で広がるやさしさの連鎖(アメリカ)

2018/10/31   karapaia

 今年6月、アメリカで両親に会うために国内便に乗っていた女性が、思いもよらない人の善意の輪の広がりに感動を覚えた。
 
 その女性は、貧しい家の子どもたちが通うイリノイ州の小学校で教師をしており、仕事や学校の話を隣の乗客に話した。

 すると、その話を聞いた...

年齢なんて数字だから!良い年の取り方をしている世界のおじさまたち

2018/09/29   karapaia

image credit:instagram
 老いはいわばこの世を生き抜いてきた証だ。

 刻み込まれるシワも、徐々に増えていくシミだった人生の記録装置である。

 西洋では、肉体は魂の入れ物とも言われているが、折角もらった肉体ならば、最後まで大事に使っていきたい。

 老いをあき...

やっぱピザだろ。臨時着陸を余儀なくされた飛行機の機長たち、乗客にピザをおごりみんなを笑顔に(アメリカ)

2018/09/21   karapaia

 
 今月6日、ロサンゼルス発ダラスフォート行きのアメリカン航空2354便、ロサンゼルス発ダラスフォート行きは、悪天候により、テキサス州ウィチタフォールズに臨時着陸を強いられた。

 安全のためとはいえ、空港で一晩待機することになった159人の乗客たちは、疲労とスト...

緻密で繊細!解剖学的に正しい動物の絵を描く15歳の少年

2018/08/13   karapaia

 15歳といえば中学2年生。その時に何を考え、どんなことをしていただろうか。多感なこの時期、恋に目覚めちゃったり、特殊能力の引き出し方に目覚めちゃったり、オリジナルの魔法陣の作り方の開発にいそしんでなかっただろうか?ごめん最後の2つは私だわ。

 だが、セルビ...

炎天下の中バス停で迎えを待っている車椅子の女性に約2時間、傘で日よけを作った見ず知らずの少年(アメリカ)

2018/06/01   karapaia

 
 舞台はアメリカ、テキサス州の都市ヒューストン。心優しいティーンエージャーのルイ・ジョーダンは、仕事を終えた母親を迎えに車を走らせていた。

 連日30度を超える猛暑が続くヒューストンの街中で、ルイはバス停にいる車いすの高齢の女性を見かけた。そしてふと考え...

息子の為に3Dプリンタで義手を作ったお父さん。SNSで左手のない少女の存在を知り彼女の分も作ってあげる。

2018/05/11   karapaia

 
 カラム・ミラーさんは10歳の息子ジェイミー君を愛するお父さん。ジェイミー君は生まれつき左腕がなかった。そんなジェイミー君の為にカラムさんは、義肢制作を学び、3Dプリンターを使って義肢を制作した。

 カラムさんお手製のロボット風左腕がすごく気に入ったジェイ...

アクセスランキング