「 歴史・文化 」 一覧

なぜ日本のマンガ(漫画)が世界中で愛されているのか?

2019/06/14   karapaia

kid-a/iStock
 謎めいた暗殺者、ゴムのごとき体の海賊、同性愛の美しき吸血鬼、女装の美少年。イギリスの大英博物館では現在マンガ展が開催されている最中だ(2019年5月23日~8月26日)

 日本が世界に誇る絵を使った独特の物語の技法は、単なる娯楽としてだけではなく、文...

クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)

2019/06/10   karapaia

画像は映画「ヴィレッジ」に出てくる森の怪物
 およそ5000年以上前、青銅器時代のものと思われる人間の遺骨が発見された。その遺骨の頭部の下あたりには、数十の鳥のくちばしや頭蓋骨から作られた首飾りや頭飾りが整然と配置されていた。

 ロシア・シベリアのノヴォシビル...

スイス人男性の精子数が激減。ドイツ・デンマーク・ノルウェーと並びヨーロッパで最低水準となる(スイス研究)

2019/06/01   karapaia

iStock
 2017年の研究によると、北米、欧州、オーストラリア、ニュージーランドなど先進国に住む男性の精子数が、1973年~2011年の過去40年間で50%以上も減少したことが発表されたが、今日もそれは減少の一途を辿っているという。

 最近、新たな精子研究の調査結果が発...

フィリピンで学校を卒業する学生全員に10本の植樹を義務化する新法が導入される

2019/05/30   karapaia

amenic181/iStock
 近年、アジア全域では地球規模の環境問題を改善するための、様々な取り組みが注目を集めている。

 タイやベトナムのスーパーでは、使い捨てのビニール袋の代わりにバナナの葉を使用するなど、環境に配慮した活動が記憶に新しい(関連記事)。

 この...

レオナルド・ダ・ヴィンチはADHDだったという説。未完の作品が多い理由もそれが要因か?(英研究)

2019/05/29   karapaia

GeorgiosArt/iStock
 イタリアのルネッサンス期を代表する芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチ。今年で没後500年となる。

 「モナリザ」や「最後の晩餐」などの芸術作品はもちろん、解剖学や幾何学、天文学、地質学など多岐にわたる分野で顕著な業績や記録を残したことから...

アメリカの処方箋医薬品は日本・イギリス・カナダに比べて約4倍高い(米研究)

2019/05/15   karapaia

 世界一の大国と言われるアメリカであるが、医療費の高さも世界有数であることで知られている。

 なにしろ、破産の理由として一番多いのが、医療費が支払えないことだったりするくらいなのだ。

 そんなアメリカで処方されるブランド薬の価格も世界一高いという。

 『...

アメリカで今も愛され続けているアメリカ最古の絵本『100まんびきのねこ』

2019/05/09   karapaia

100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ)
 ワンダ・ガアグ(1893年3月11日 - 1946年6月27日)は、アメリカで最も古い児童絵本を作った女性アーティストとして知られている。

 ガアグは、自由な思想をもち、自分の服をデザインしたり、おとぎ話を翻訳したり、イラストを...

1980年代、ギーク(オタク)と呼ばれていた海外の人々の写真

2019/04/05   karapaia

 「ギーク」とはアメリカの俗語であり、特定の分野に卓越した知識のある人々のことを指す。日本でいうところの「オタク」とほぼ同意義だが、特にコンピュータやインターネット技術に特化している人を指すことが多い。

 1980年代、コンピュータやインターネットの普及に伴...

鳴き声だけ聞こえてくるが姿は見えず。全米で大騒動を引き起こしたミステリー「囚われの猫」。その結末は?(アメリカ)

2019/03/25   karapaia

 1957年のことである。ある家族が、アメリカ・カリフォルニア州グレンドーラの夢のマイホームに入居した。

 ところが、この家で不可解なことが起こり、家族は大いに困惑した。

 家のどこかで、助けを求めて鳴いているような猫の声が、四六時中聞こえてくるというのだ。...

日本は厳守、ベトナムは柔軟、インドの場合は・・・同じアジア圏でも国によって違う時間の感覚

2019/03/19   karapaia

photo by istock
 世界では、時間の感覚は文化によって大きく異なる。同じアジア圏でも国によってその感覚はかなり違うようだ。

 日本は世界的に「時間厳守」の国として有名だ。

 しかしベトナムやインドネシアといった東南アジアでは、時間はかなり柔軟に捉えられてお...

アクセスランキング