「 本 」 一覧

その貼り方が本を傷つけるかも! 意外と知らない付箋の正しい使い方

一時的にメモを残したいとき、ノートや本に直接書き込むことで紙面を汚したくないとき。貼ってはがせる付箋紙に文字を書いて張り付けるという方法があり、使ったことがある方が多いのではないでしょうか。 確かに便利な付箋紙。しかし、 […]

カラムーチョ・すっぱムーチョを超えた「ムー超」の攻め方が謎

本かと思いきや みなさんは、書籍に付いている帯の推薦文に目を引かれ、書籍を購入したことはありますか?専門家や知識人の推薦文があると、問答無用で信憑性が増すこともありますよね。 元経産省官僚で経済ジャーナリストの岸博幸さん […]

子どもって観察力すごい!娘が作った「オリジナルことわざ」が世の核心を突きすぎてる

『急がば回れ』や『後悔先に立たず』など教訓や風刺を含んだものが多いことわざ。そんなことわざをmarieさんの次女はオリジナルで自作したそうなんです。かなり核心をついたものになっていて、心に刺さると話題になっていますのでご […]

8月9日はハグの日!愛情を感じる絵本『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』でハグしたくなる

絵本って大人になってから読むと、子どもの頃には感じなかった作品の深い意味や優しい絵柄のタッチに心動かされることがありますよね。 今回ご紹介するのは、そんな優しい気持ちになれる絵本『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』。 35万部を […]

アイディアがもうオシャレ。電車待ちの時間をつぶすフランスの「物語自販機」が素敵

電車の待ち時間が暇でついつい時間を持て余してしまうことってありますよね。なんとフランスには暇つぶしに役立つ物語自動販売機というものが存在するそうで、Twitter上で話題を呼んでいます。 twitter.com twit […]

余裕で脳内再生!『もしも文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』5選

少し前にTwitterで「もしも文豪が○○を書いたら」というネタが賑わいを見せたのをご存知でしょうか。そんな「文豪○○シリーズ」がこのたび、なんと書籍化されたんです。 タイトルは『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書 […]

本を横からグワシっと掴む「ハンドしおり」作ってみた

近頃、ユニークな本のしおりが話題になっています。そこで、筆者もオリジナルしおりを考案してみることにしました! まずよくあるしおりは本と平行に薄いものを挟むスタイルですよね。しかし筆者は、結局本のカバーでページを挟みがちな […]

【そのまま使える話のネタ100】1枚のコインで幸せになる方法

総合評価 ★★★★ ちょっとした寓話です。 昔、あるところに1人の物乞いがおりました。 空きビンを拾ってお金に換えたり、「教会の炊き出し」をいただいたりして、何とかその日暮らしを続けています。 ある日のこと。道を歩いてい […]

【そのまま使える話のネタ100】蛭子さんのアドバイス

総合評価 ★★★★ 今や、本業の漫画家よりも、個性派のタレントとしてすっかり売れっ子になっている蛭子能収さん。 そんな蛭子さんに、あるお笑いタレントが自分の芸についての悩みを相談したときの話です。そもそも、「どうしてお笑 […]

【そのまま使える話のネタ100】宴会で「何か面白いことをやれ!」と言われたら

総合評価 ★★★★★ 皆さんも、宴会などで、先輩から「何か面白いことやれ!」と言われて困ったことがあると思います。 何の前ぶれもなく、突然の指名。マイクとちょっとした舞台があって、そこで「何かやれ」とおっしゃる。「そんな […]

【そのまま使える話のネタ100】恥ずかしい誤送信

総合評価 ★★★★★ 女性から厳しい指摘のメールをもらった直後、 「あのババア、また、うるさいことを言ってきたよ」 と同僚にメールをしようとして、うっかり取引先の当人に返信してしまったことがあったと話していました。 その […]

【そのまま使える話のネタ100】ライオンと呼ばれた男

総合評価 ★★★★★ これからお話をするのは「ライオンと呼ばれた男」という物語です。 私がその「ライオンと呼ばれた男」と出会ったのは、大学時代のことでした。 当時の私は、○○サークルに所属していて、周りから「ライオン」と […]

【そのまま使える話のネタ100】相手の言葉に腹を立てない秘策

総合評価 ★★★ 相手のちょっとした言葉にカチンと来たり、上司の心ない言葉に腹を立てて、逆ギレしてしまったり。世の中にケンカほど不毛なものはありません。こうした怒りの感情を管理し、うまく付き合うことを「アンガーマネジメン […]

no image

どうしても見過ごすことが出来なかった図書館での光景7選

1. 図書館にスタバがあるのがステータスらしいけど、ここで名古屋市図書館を見てみましょう pic.twitter.com/4ySasZXV8S — ゆい☆ (@yuinejp) September 29, 2 […]

【そのまま使える話のネタ100】子どもにブロッコリーを 食べさせたひと言

総合評価 ★★★★ 皆さんは子どものころ、嫌いで食べられないものってありましたか? ○○さんどうでしょう? 私はタラコやイクラなどが気持ち悪くて食べられませんでした。 イクラ丼なんて、今はありがたがって食べていますけれど […]

【そのまま使える話のネタ100】 あなたの悩みの10年後

総合評価 ★★★★★ 誰でもそうだと思いますが、人生というヤツは「悩み」の連続ですよね。 私は何か悩みごとが発生して、解決策がないとき、常にこう思うようにしています。 「大丈夫。何とかなるから」 問題が発生して、「ああー […]

【そのまま使える話のネタ100】「来週の金曜日までに頼む」 と言われたら

総合評価 ★★★★★ 皆さんは、もし、金曜日の朝に上司から「忙しいところ悪いが、来週の金曜日までにこの資料をまとめてもらえないか?」と頼まれたとしたら、いったいいつ、上司に資料を提出しますか? 「来週の金曜日までに」と言 […]

【そのまま使える話のネタ100】2万5000ドルのアドバイス

これからお話をするのは「2万5000ドルのアドバイス」とか「2万5000ドルのアイデア」などと呼ばれる有名なエピソードです。 1人のコンサルタントがある会社の社長にこんな提案をします。 「仕事の効率が少なくとも50パーセ […]

【そのまま使える話のネタ100】パティシエがコンクールの前に毎晩見たもの

総合評価 ★★★★ パティシエのワールドカップと呼ばれる 「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝した経歴を持つ辻口博啓さん。 東京・自由が丘にある「モンサンクレール」をはじめ、十数店のスイーツ […]

【そのまま使える話のネタ100】売れる営業マンは5秒で決める

総合評価 ★★★★★ 知り合いのBさんが、新卒として社会人になったばかりのころの体験です。 Bさんが入社したのは、コピー用紙などのいわゆる消耗品の販売をする商社。 新人研修の一環として、先輩営業マンとお客様先へ同行をする […]

no image

気分は江戸時代の学者!付けてるだけで読書がしたくなる「古文書ブックカバー」が素敵

読書をするとき、大切な本を傷から守ったり、デザインでおしゃれを楽しんだりできるブックカバー。 そんな中でも、一風変わったこんな選択肢はいかがでしょうか? その名も「古文書ブックカバー」。 (-_-;) フゥー…古文書ブッ […]

無性に本が読みたくなってくる。芥川・直木賞作家と「文学」について考える講座が開催

突然ですが、皆さんは最近どんな本を読みましたか? 本と一口に言っても、小説を読んで気軽に非日常感を味わったり、自己啓発書を読んで自分磨きをしたりと、そのジャンルは様々です。でも共通して言えるのは、感情や知識の面で何かしら […]

もっと早く知りたかった…!大切な本が濡れてしまってもキレイに乾かす方法が話題

通勤時間や寝る前のリラックスタイムに、本を読む人はたくさんいると思います。 しかしそんな人たちの天敵といえば突然の雨や、不注意で飲み物をこぼしたりしてしまうことによる「水濡れ」。その本が大切なものであればあるほど、そのシ […]

レシピという概念をブチ壊す料理本!『syunkonカフェごはん』が料理下手でも欲しくなる面白さ

今、SNSを中心にあるレシピ本が話題になっているのをご存知でしょうか? そのレシピ本は『syunkon カフェごはん』シリーズ(宝島社)。 料理ブロガーの山本ゆりさんの料理レシピを書籍化したもので、現在まで6冊が出版され […]

アクセスランキング