「 社会 」 一覧

no image

今のままでいいのか日本人!現代社会に鋭くメスを入れる深い考察 6選

このままでいいのか日本!今回は、今の現代に危機感を覚えている人たちによる社会に対しての考察をご紹介します。 1. そろそろ、失敗したやつを叩くのでなくて「挑戦しない事は失敗にすら届かないそれ以下」ってのが広まるべきでなか […]

【おじさんになって分かったこと】がとても共感できると話題に

あるおじさんを自任する方の「おじさんになって分かったこと」のツイートが、ものすごく分かると共感を呼んでいます。 おじさんになってわかったこと。 ・自分が居なくても、居る人だけでなんとかなる ・10代や二十代の女子が子供に […]

【思わず泣きそうに…】介護福祉国家試験問題が切なすぎると話題に

2018/02/05   FEELY ,

介護福祉の国家試験問題の中の切なすぎる設問に試験中に泣きそうになったという声が寄せられています。 介護福祉士国家試験の問題で不覚にも泣きそうになるヘルパーがここに pic.twitter.com/guG84davBM — […]

給食強要報道でよみがえるトラウマ「食べるの強要されて吐いた」「少食だった子供時代……」

2018/02/01   FEELY ,

1月30日、東京都教育委員会は公立小学校の女性教諭を戒告処分にしたニュースが話題になりました。その処分理由は男子児童に嘔吐するまで給食を無理に食べさせたことです。 「食べられない」←「食べなさい」 ヨミウリオンラインの報 […]

no image

「あなたはアイドルにはなれません!」歓楽街のアナウンスに衝撃&納得

自分に自信があるわけじゃない。だけど人から「かわいい」「きれい」「タレントさんになれるよ」なんて言われたら……少しは信じていいのかな?となりそうなものですが、いわゆるスカウトを受けた場合には注意が必要です。 数多く報告さ […]

【今の若者は良くなっている!】「最近の若い奴は!」とか言う上の世代に訴えたいこと

ニュースや新聞でたびたび目にする、未成年の非行や事件。そのたびに、最近の未成年は非行に走る傾向が高いだの、マナーが悪いだの言っていますが、本当にそうなのでしょうか? 今回はちょっと真面目な内容を、分かりやすい漫画形式でお […]

社畜あるあるをアート化『社畜ミュージアム』に胃が痛くなるほど共感

2018/01/25   FEELY ,

先日の大雪警報にまつわる「出社するかしないか」論争で、改めて日本が社畜社会だとわかったばかりですが・・・ 大雪の日以外でも「社畜」になっていることがありませんか? この度、中小企業への様々支援を手掛ける中小企業基盤整備機 […]

no image

なぜ調布は通過? 新列車「京王ライナー」停車駅に賛否両論

2018/01/24   FEELY ,

京王電鉄は24日、新座席指定列車の概要や名称発表等を行う記者発表会を実施しました。 来春より運行開始される、有料の座席指定列車愛称は「京王ライナー」に決定。 この「京王ライナー」の途中停車駅に、賛否両論の声が挙がっていま […]

国交省「不要不急の外出は控えて」→Twitter民「バイト休みたい」「ブラック企業は不眠不休」

2018/01/22   FEELY ,

「不要不急の外出は控えて」と国交省からの指示 本日から明日23日にかけての雪予報に対し、国土交通省は「東京23区など、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となるおそれ」があるとし、「不要不急の外出は控える」ようにと緊急発表し […]

マスク着用でまさかのインフル拡大。その理由がいかにも子供らし過ぎた!

2018/01/19   FEELY ,

風邪やインフルエンザの予防として有効なマスクですが、一歩間違えると逆に感染を拡大させてしまうこともあるようです。 ツイッターユーザーのなちゅ。@育児マストドンbabuuさん(@itacchiku)は次女が通っている幼稚園 […]

no image

「30歳まで新卒」「通年採用」など、リクルートが大胆な採用方針を発表

2018/01/19   FEELY ,

日本の労働市場を見つめ続け、日本の採用方式の基礎を築き上げたと言っても過言ではない、あのリクルートホールディングスがこの度、公式ツイッターアカウントで以下のようなアナウンスをして話題になっています。 「30歳まで新卒採用 […]

高橋メアリージュンさん(30)の子宮頸がん告白から、検診の重要性を考える

2018/01/18   FEELY

女優の高橋メアリージュンさんが自身の著書『Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』(KKベストセラーズ)の発売を前に、子宮頸がんを患っていたことを告白しまし […]

no image

男子は理系で女子は文系が多い?アメリカの高校生との比較が意外な結果!

2018/01/18   FEELY ,

「女子は文系科目の方が好きでしょ?」「女子で理系って珍しくない?」――。 こんな言葉を進路指導の場や家庭、あるいは職場で聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 確かに大学の文系学部、ことに文学部に在籍する女子学生 […]

海外で男子トイレが見つからない→ある「既成概念」のせいだった!トイレの色に関するあれこれ

海外で男子トイレが見つからない! この話題のきっかけは、インド太鼓奏者のTwitterユーザー@U-zhaanさんが、インド・バラックプールのコンサートホールへ訪れたときに関するツイート。 会場を二周しても男性用トイレが […]

「ブラック部活」にメス。スポーツ庁が中学運動部活動のガイド案公表「週休2日に」

2018/01/18   FEELY

スポーツ庁は16日、中学の運動部活動についてのガイド案を公表しました。 具体的には、中学校の運動系部活動の時間を長くとも平日2時間、休日は3時間程度、休日は週二日以上設定にするというものです。 部活が長くてみんなつらい・ […]

no image

【育児だって指示待ち人間はダメ】子育ては社会よりもハードな気がする件 6選

「子育ては社会よりもハードな気がする件」をご紹介します!2番の「育児に理解のないパートナー」と「仕事なげてくる上司」の共通点には納得です...。 1. 夫「昨日事務処理しててさー、俺が明らかにやること沢山あるの見れば分か […]

no image

幼児のおつかいには「お金だけは十分に持たせてあげて」元スーパー店員のつぶやきが切実

2018/01/17   FEELY ,

子供の冒険と成長を願って1人でおつかいに行かせることもあると思いますが、幼児たちのおつかいに 元スーパーの店員さんがつぶやいた内容が話題になっています。 元店員さんのつぶやきがとっても切実 #はじめてのおつかい 元スーパ […]

no image

阪神淡路大震災から今日で23年。当時の光景と今、私たちが振り返って考えるべきこと

2018/01/17   FEELY

本日、1月17日の午前5時46分に、関西地方では各地で今から23年前に発生した阪神淡路大震災の犠牲者に向けての追悼の祈りが捧げられました。 1995年1月17日、地震発生 1995年1月17日、阪神淡路大震災は早朝の5時 […]

「入店お断り」。人気フルーツビュッフェ店が男性のみの入店を制限する理由とは?

以前FEELYでは 「男だって甘いものが食べたい!」味の好みに性差をつける風潮に本音炸裂 という記事で紹介したようにスイーツといえば女性というイメージが強くありますが、中にはこのような張り紙がしてあるお店があるといいます […]

【危険】ロンドンの地下鉄構内で危うく大惨事。危険行為に怒り

2017/12/22   FEELY

どこの国でもおバカなことをやらかす若者がいますが・・・今回ばかりは笑って済ませることができません。 先日、ある青年のとんでもない行動が人々の怒りを買いました。事が起きたのはイギリスはロンドン、地下鉄のストラットフォード駅 […]

【驚愕】「平手打ち」で社員団結力の高める企業が物議を醸す。

2017/12/19   FEELY

会社は目標・目的がある以上、社員のモチベーション高めて維持する対策が必要になってきますが、その方法にも様々なものがあります。 たとえば福利厚生の充実や各種イベントの開催、昇進基準の見直しなどが考えられますが、世界は広い。 […]

no image

子供が算数でいちいち途中式を消す癖→「余計な式が残ってたらバツにされるから」

小学校教育についてはしばしば問題になることがありますが、Twitterでのある投稿が物議を醸しています。 算数教育に物議「どういう指導をしているのだろう」 子供が小学校支給の算数の問題集を解いていて、途中のメモの式を消し […]

no image

「親から与えられた価値観を捨ててもいい」この時期だから考えたい、自分と親とのこと

12月も半ばを過ぎ、本格的な受験シーズンに突入しました。 一人一人がそれぞれの目標を胸に、勉強に打ち込んでいる時期。受験生にとっては「とにかく合格する!」という目標以外目につかなくなる期間でもあります。 そんなときだから […]

no image

戦場から帰ってきた兵士には、こんな『トラウマ』が

2017/11/30   FEELY

わずか1分の映像。 前半は、「戦場」が舞台。 後半は、ごくふつうの「日常」。 映し出される光景は、すべてが対照的なもの。 しかし、徐々に明かされていくトラウマに、言葉を失います。 「Sounds of Trauma」の可 […]

コマツ元社長が、個人で出した『新聞広告』 内容に「大きな器」「美しい」

2017/11/22   FEELY ,

「私がまだ元気なうちに皆様方に感謝の気持ちをお伝えしたく」 コマツこと株式会社小松製作所の安崎暁(あんざきさとる)元社長が、日本経済新聞2017年11月20日付朝刊に出稿した広告が話題になっています。 安崎暁さんは新聞広 […]

no image

おふとん命!「全日本もう帰りたい協会」が代弁する社会人の叫び 10選

本格的な寒さが到来し、毎朝布団から出るのが億劫になってきましたよね。 そんなみなさんにご紹介するのは、以前にもクレイジーでご紹介させて頂いた「全日本もう帰りたい協会」。仕事に追われる社会人の「帰りたい!」という思いがギュ […]

no image

社会に出る前に知りたかった!本当は学校で教えてほしい8つの言葉

大人になると、人間関係や社会のルールに戸惑って、ストレスが溜まったりすることも。そんな時、「こういう事こそ学校で教えてほしかった!」と感じる事がありますよね。そこで今回は、そんな状況を打開するありがたい言葉たちをまとめま […]

生徒が講師を蹴る殴る… 暴力事件に、たけしが持論

教員に暴力をふるい、傷害の容疑で逮捕された福岡県内の私立高校に通う男子高校生。 暴力行為に及んだきっかけはiPadを没収されたこと。この高校では、授業での使用を目的とし、生徒全員に配布。しかし、iPadを使わない社会科の […]

【粋】カナダ首相の足元、センスいい…!(笑)「こういう人大好き」

カナダのジャスティン・トルドー首相。「抱かれたい首相ナンバー1」と言われるほどの甘いマスクに加え、きちんとしたスーツにおしゃれな靴下を選ぶことでたびたび話題になります。 出典:Vividus / iStock. by G […]

no image

「犬に車を運転させる」 驚きの映像が伝えたかったコト

犬が車を運転…。目を疑う光景ですが、思い切ったチャレンジを行ったのには、切実な理由がありました。 Driving Dog(ドライビング・ドッグ)プロジェクトを仕掛けたのはニュージーランドのNGO団体「SPCA」。毎年、数 […]

コールセンターで暴言セクハラ… クレーマーを一発で黙らせた『言葉』にハッとする

2017/09/09   FEELY , ,

「責任者をさっさと出せ! オレの言ってることがわからないのか?」 「あきれた。お前は、本当に社会人か? クソったれ!」 出典:youtube.com 罵声や怒号が飛び交うコールセンター。 人格が変わったように、暴言を電話 […]

屋根の下で『パトカーの残骸』が、展示され続ける理由を知り、涙

2017/09/09   FEELY ,

「永久に忘れません。これからも私たちを見守ってください」 福島県富岡町にある双葉警察署。 隣接する岡内東児童公園に一台のパトカーが置かれています。 提供写真:Tkn@604さん(twitter.com) 屋根の下に配置さ […]

最も“挑発的な”ファッションショーなのに地味すぎる服 意味を知り、絶句

2017/09/03   FEELY ,

独自の世界観を打ち出し、きらびやかな空間を演出するランウェイ。 <史上最高に挑発的なファッションショー>と題して行われた発表はかなり異様なものでした。 出典:youtube.com 赤いライトで会場全体にひろがるムーディ […]

客「護身用の銃がほしい」⇒店主の『ひと言』に硬直、みんなが考え直した

2017/09/02   FEELY ,

60%以上のアメリカ人が、銃を持つことで、自分の命を守ることができると考えている…。 しかし実際、銃を持つことによって発生する殺人事件、意図しない事故が増えている。 はじめて銃を手にしようとする人に向け、もう一度考え直し […]

「学校に行きたくないと悩む子へ…」 上野動物園の『優しい言葉』に共感続々

2017/08/31   FEELY ,

明日は9月1日。長い夏休みが明け、新学期が始まります。 久々の学校にワクワク胸を躍らせる子供がいる一方、終盤になると不安が募る子供もいます。 明日を迎えるにあたり、『上野動物園』がそんな気持ちに寄り添った呼びかけを行い、 […]

no image

「胸クソ悪いことしやがって!」 演奏を止めたバンドマンの訴えに喝采!

2017/08/29   FEELY

イギリスのバンド「Architects」(アーキテクツ)のライブ中に突如、演奏がストップしました。 ボーカルのSam Carter(サム・カーター)は「ある観客の行動」がどうしても許せなかったといいます。 衝撃と怒りで顔 […]

子ネコが道路に迷いこみ、車と接触 女子学生との連携プレーで救出

2017/08/26   FEELY ,

ドライブレコーダーに映し出された「京都駅付近で女子高生がネコを助ける」ど題した動画がYouTube上で反響を呼んでいます。京都府七条堀川辺りでの出来事です。 出典:PIXTA 道路に迷いこんでしまった子猫 車が三車線を走 […]

新入社員の悩み「入社前に聞いた内容と違う」に答えるラブホスタッフ上野さんが…す、すげえ

2017/08/22   FEELY ,

新入社員の悩みと秀逸すぎる返答。 特定の人に匿名で質問できるASKfmというサービスに投稿された質問の一部始終です。 出典:NosUA / iStock. by Getty Images 新入社員が寄せた質問 4/1に入 […]

「組体操で、デブ差別なかった?」 マツコが斬新な回答

組体操 辞めるべきか? 8月21日放送の情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)のコーナー「夕刊ベスト8」では、朝日新聞の投書欄に掲載された組体操の是非について取り上げました。 番組では、元高校教師80代の男性による […]

【こういう伝え方もあるのか…】中国の交通安全キャンペーンに、背筋が凍る

2017/08/18   FEELY , ,

もう一度、“交通標識”の意味を考えて。 「中国では、3分に1人が交通事故に遭い、10分に1人が命を落としている」 「もし、交通ルールを守っていれば、半分以上が事故を避けることができた」 出典:JoeDunckley / […]

no image

世の中おかしくない? 納得いかない現代社会に一石を投じるつぶやき13選

なんとなく当たり前に思っている現代の風潮、どうにもならないと諦めていませんか? 今回は、おかしいなと思いつつも普段言い出せない社会への疑問や不満をまとめました。 1. 「なぜ若者は金を使わないんだぁーー!」そう!誰も若者 […]

no image

みんな働きすぎ‼ 今すぐ休んでほしい、社畜検定1級が取れそうな人たち8選

会社に土日も深夜もいたせいで、とうとうiPhoneのマップが職場を自宅と認識するようになってしまったのだという。こんな風に、気づいたら休みの日も出勤している・・・なんてことありませんか?そんな、仕事に追われすぎて社畜にな […]

「ショートにしたい方へ」病の過去明かしたダレノガレさん、呼びかけに称賛の声相次ぐ

2017/08/09   FEELY ,

ダレノガレ明美さんが髪を30㎝以上カットし、ショートヘアに。 美しいロングヘアの印象が強かったダレノガレさんの見事なイメチェン。 ファンからは「似合ってます」「美しい」などの感想が寄せられました。 切った😂 pic.tw […]

no image

失敗することは悪いことじゃない!ミスを恐れてしまうあなたに勇気をくれる助言9選

1. 後悔するのは、行動を起こした時。失敗するのは、果敢に挑戦した時。苦悩するのは、自分と向き合っている時。激怒するのは、本気で物事を考えている時。絶望するのは、希望を捨てずに生きてきた時。迷走するのは、一生懸命に道を探 […]

共感呼んだ動画に「でも、出産には期限あるでしょ」 本当に伝えたかったことって?

2017/07/13   FEELY

「女性が年齢ではなく意志で決断することに、社会がもっと寛容になってほしい」 SK-IIが訴えた動画が大きな議論を呼びました。 ●●歳までに●●をするべき--。 なんとなく押し寄せる無意識のプレッシャーや期待を明るみに出し […]

女性の手首に“数字のハンコ” 賛否まっぷたつの映像に「勇気貰える」「怒り覚える」

2017/07/05   FEELY

「怒りを覚える」 「人を不快にさせる」 こんな批判が並ぶ映像が話題になっています。 公開したのは化粧品ブランドSK-II。30歳を目前にした女性の心の機微を、やや過激な演出で描いたムービー。 タトゥーのようなICチップの […]

no image

皮肉たっぷり!社会に一石を投じる鋭い指摘 9選

1. 新社会人の皆様。会社とは電車のようなものです。乗ってみて危険を感じたり、快適でも行き先が違うなと感じたら、そのまま乗っていてはだめです。あなたは安全に、行きたい所へ行くべきです。都合のいい駅まで乗って、次の乗り物に […]

no image

圧迫面接ならぬ解放面接?!みんなが面接について思うこと9選

1. 客「ラーメン1つ」 店「注文動機は?」 客「えっ?お腹が空いたからですけど…」 店「他にもラーメン屋はありますけど、どうしてウチに?」 客「いや、たまたま近かったから…」 店「申し訳ありませんがあなたにラーメンはお […]

落ち込んだら見て欲しい!人生が楽しくなるポジティブな考え8選

1. 学校や会社で怒ってしまう人へ。『いぬ通学・いぬ通勤』がオススメ。通学・通勤中に、自分は大きくて優しいいぬだと思い込み、心の中で「いぬの○○(自分の名前)は、学校・会社へお散歩♪今日はどんなことが起きるんだわん♪」と […]

no image

人間の心って複雑。なかなか気づけないけどとっても大事なこと10選

1. 「最近だれかと飲んでもあまり楽しくないんだ」という話をしたら、冷酷さに定評のある知人が「若さとは鈍感さだ。他人が嫌な思いをしていることに気づかず、自分が浮いていることに気づかない。そういう人はいつも楽しい。お前は鈍 […]

アクセスランキング